« 2008年東京六大学野球大会第一部 | トップページ | 女川原子力発電所見学会 »

2008年10月31日 (金)

2008年東京六大学野球大会第二部

引き続き10月26日に行われた東京六大学OB野球大会の模様だ。慶応戦で惜しくも引き分けたわが立教チームは休むまもなく早稲田戦に望んだ。これにかてば優勝の目もあるだけに第1戦にも増して気合が入った。先発ピッチャーはエース各のSさんだ。B081026_158 早稲田といえばびっくり御年67歳?の投手が先発!しかもどう見てもSさんより球速は速い。B081026_115 ところが不思議なことに球が速い方が打たれる場合もある。立教はいきなり連打で先制した。B081026_119 B081026_123_2 B081026_141 2連覇している早稲田に勝てるか!と期待が膨らんだが・・・終盤Sさんが打たれて一気に追いつかれてまたもや引き分け。B081026_175 これがスコアだ→B00041919dsc_0203_2 押さえの切り札がいたら2試合とも勝っていたと思うと残念だ。でも負けなかったのは天国の小倉監督が護ってくれたとよいほうにが考えることにした。最後はみんなで記念撮影B00041919dsc_0205 で終了となった。ところで結果は早稲田と慶応が1勝1分けで星を分けたが得失点差で早稲田が優勝となった。3位は1勝1敗の法政、4位は2分の立教、5位が2敗の明治となった。早稲田は3連覇だがいつになく全試合接戦で実力拮抗という面白い大会となった。夜は藤崎の地下にあるレストラン森のパルクでのパーティーとなった。各校とも野球の話で盛り上がり。最後は校歌とエールで締めくくった。立教の亡き小倉監督をしのんで黙祷が捧げれ、エールもいただいた。(合掌)
それでは各校のエール交換で今年の野球大会の締めくくりとしたい。「来年は是非東大も加わって名実ともに六大学になればとそして元気でまたいい試合をしましょう」とはみんなの願いであった。記:yas
早稲田B081026_207慶応B081026_210 法政B081026_211
立教B081026_216 明治B081026_224 

|

« 2008年東京六大学野球大会第一部 | トップページ | 女川原子力発電所見学会 »

野球部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008年東京六大学野球大会第一部 | トップページ | 女川原子力発電所見学会 »