« 今年もよろしくお願いします | トップページ | うれし恥ずかし写真展 »

2009年1月14日 (水)

2009年1月アイビー随筆

アイビー随筆  「初詣」  37年 理学部  大内 建二
 仙台に移り住んで今年で10年になる。この間に正月の初詣でにはあちこちに行った。山寺まで行って金百円成りで除夜の鐘もついた。凍てつく道を定義山にも行った。
 一昨年の正月には何処に行こうかと前年の暮れに仙台周辺の神社仏閣をインターネットで検索したら、村田町の八幡神社という立派な見出しの神社を見つけたので、そこに決めた。
 国道286号を坪沼で左折し、大八山の峠を越えて広い場所に抜けたら、右側の田んぼの中にこんもりした森を見つけた。これらしい!
 雪の残る田んぼのあぜ道を広くしたような道を進むと、神社の境内?らしき広場に出た。広場の真ん中には粗末な鞘堂のような建物があり、その中に大きな御神輿のような建物が隠されていた。これ本殿? と一瞬疑ったがそうらしい。新しいしめ縄も張ってあり、幟も立っている。賽銭箱もある。二礼二拍一拝の形どおりの参拝を済ませたが、どうにもしまらない。インターネットの写真が綺麗過ぎるのだ。そしてあまりにも本殿が小さい。
 おもちゃのような本殿に参拝を済ませて立ち去ろうとしたら、誰もいない境内の杉の木のてっぺんでカラスが鳴いている。どうしても「アホー、アホー」としか聞こえない。何とも締まりのない初詣ででした。

|

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | うれし恥ずかし写真展 »

アイビー随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510903/43739404

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年1月アイビー随筆:

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | うれし恥ずかし写真展 »