« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月16日 (木)

2009年宮城立教会総会

去る7月10日(金)ホテルリッチフィールド仙台にて2009年度宮城立教会総会が行われました。宴会の前には当然総会を行います。まず最初に岩崎会長からご挨拶がありました。090710_002 続いて議長の青木氏090710_004 青木さんからこの総会は第何回なの?昨年も同じことを聞いたといわれあせりまくっていた早坂幹事長も冒頭に掲載します。090710_005 総会は淡々とすすみお待ちかねの乾杯は佐々木副会長の 発声でどーんと盛り上 がった。090710_007 今回の参加者は60名を超え、宮城立教会の結束の固さと盛り上がりはさすがと思われる・大石参議院議員090710_032 菅間県会議員090710_033 も駆けつけてくれました。それでは盛り上がりの総会の模様の写真をどうぞ。なお写真はすべてクリックすると拡大します。(お詫び当日カメラの調子が悪くストロボが炊けませんでした。色など変な写真ばかりですがお許しください)090710_009 090710_011 

090710_013090710_015090710_014 090710_018 090710_019 090710_020 090710_021 090710_024_2 090710_026_2 090710_027 090710_036 090710_038 090710_039 各部会の報告も行われた。まず麻雀部は上田さん 090710_031続いて六大学で優勝したゴルフ部の中島さん090710_028  続いて野球部の和中さん090710_029_2 最後はお約束の応援歌、校歌の大合唱で幕を閉じた。090710_044 090710_045たいへん楽しいひと時でした。-YAS- 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

2009年7月アイビー随筆

アイビー随筆 「盗人」  

              37年理学部卒 大内 建二

 「盗人」と書いて「ヌスット」と読む。江戸時代に生まれた江戸弁である。盗人と言えば思い浮かぶのが池波正太郎の「鬼平犯科帳」である。鬼平小説には実に様々な盗人が登場するので何回読んでも面白い。
 既に50年以上も前の話なので白状するが、我が高校の鉄道研究会の部員は結構な盗人が揃っていた(当然私もその一員であったことを白状する)。
 夜行列車に乗り込み、客車の外の窓の下に掲げられている「行き先表示板(鉄道用語でサボという)」をソッと抜き取り、用意した新聞紙に包んで戦利品として部室に持ち帰ることは、何の造作もない「お仕事」であった。
 お陰で部室の棚には一杯のサボが「保管」されていた。上級生の時代からの伝統であった。
 中には今では骨董品として極めて高額な戦利品もあった。私の通っていた高校の最寄りの下車駅は、東急東横線の都立大学駅であった。この駅は開業以来五回も駅名が変わった駅として、全国でも知られた駅なのだ。長方形の鉄板にホウロウ引きで作られた駅名板は我々にとっては垂涎の的であった。
 我々の仲間がある夜駅に忍び込み、柱から駅名板を剥ぎとり、一目散に自宅に逃げ帰った。この駅名板が現存していれば、鑑定団に出せば数十万円の代物である。
 正直に白状するが、我が家にはかつての東北本線の有名な急行列車であった「十和田」の急行サボがなぜか「保存」されているのだ。どうして我が家にあるかは「誠に不思議であります。ザンゲ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »