« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

偲ぶ会

早いもので野球部監督の小倉さんが急逝して一年が経ってしまいました。

 

東京六大学宮城OB野球大会前日の9月26日(土)にお墓参りに行ってきました。

  

Img_6667_2

場所は東漸寺です。

Img_66700

 

Img_6666

  

そして、夜にはやぶ信にて故小倉監督を偲ぶ会が開催されました。

 

Img_6673

Img_6671

宮城立教会会長のご挨拶です。

  

Img_6672

小倉夫人が参加して下さいました。

  

Img_6674

野球部のメンバーが勢揃いです。

翌日の大会に全力を尽くすと誓っていました。

             (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

第6回宮城立教会ゴルフコンペ

シルバーウィーク最終日の9月23日(祝)に

宮城立教会ゴルフコンペが富谷カントリークラブで開催されました。

  

 Img_6640

分かり難い写真ですが、天気はあいにくの雨。

  

後から分かったことですが、強烈な雨男がいたことが理由だったようです。

     

Img_6639

ゴルフ幹事さん+αの受付風景。

 

Img_6642

プレー前の写真です。同じ会社の凸凹コンビ。

宮城立教会で作ったお揃いのポロシャツで写真撮影です。

   

雨ということで、プレーの写真は残念ながらありません。

 

後は表彰式です。

Img_6644

 

今回は参加費ナシなのに、豪華な賞品です。

  

成績の順番に写真羅列します!

 

Img_6646 Img_6647 Img_6648 Img_6649 Img_6651

Img_6652_6  

Img_6653_4

Img_6654

Img_6655 Img_6656_2  Img_6657 Img_6658 Img_6659 Img_6660 Img_6661 Img_6662 Img_6663 Img_6664 Img_6665

 

            (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

2009年9月アイビー会

いつものように第3水曜日、9月16日(水)にアイビー会がありました。

 

この日、宮城立教会重鎮(中央男性)から報告がありました。  

Img_6605

『立教オーケストラが仙台にやってくる!』

ということでした。

どういう事かということで、

Img_6606

こちら男性から説明です。

2011年3月に立教大学交響楽団が仙台にて公演を開催するということです。

それを宮城立教会で完全バックアップをするので、みんなで頑張ろう!

という趣旨でした。

現役学生とOB会関係者がすでに、仙台を訪問して、会合を設けたとのこと。

現役女子大学生を目の前にテンションが上がっていたというおじさんもいたとか・・・・・

ずいぶん先の話のようですが、場所の確保やら何やらとすでに動き始めなければならないとか。

   

久々の大イベントになりそうです。

  

そして、7月、8月に続いて、3ヶ月連続で、初参加の方がいました。

Img_6602

右男性が初参加です。体育会空手部ということです。

宮城立教会は体育会出身者がそんなに多くないのですが、

先月、今月と体育会出身のさらに武道系の初参加が立て続きました。

   

Img_6608

この日なぜか立教マーク入りの小旗がちらほら。

(理由は27日に開催される六大学野球大会の応援用のためですが)

 

Img_6610

小旗を振りながら、いつもの応援歌で〆ました。

 

         (平成の女管理人)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

2009年9月アイビー随筆

アイビー随筆 「僕イケメン」  
   37年 理学部卒  大内 建二
 
 テレビのバラエティー番組に時々出てくる生粋の宮城県人がいる。彼は「僕イケメン」という言葉で有名になった。名前は狩野某という。
 彼は栗原市栗駒の出身で、本来であればれっきとした神主として神社を継ぐ身分であったが、何故か故郷を飛び出しバラエティーの世界に飛び込んだ。彼の実家の神社は旧栗駒町の南端にある桜田山神社である。神社の案内書によるとこの神社は1000年の歴史を持つという。真偽のほどは今ひとつ分からない。
 今年の五月にドライブがてらに野次馬根性からこの神社を訪れて見た。神社は丘の中腹に建っているがさして大きくはない。ただ確かに古そうだ。本殿や鳥居の周辺には彼の写真が入った立て看板が立っている。ファンが立てたのか家族が立てたのかは分からない。
 女房と二人で賽銭箱に十円玉二枚を投げ入れ、二礼二拍一杯をしたが誰も訪れる人はいない。神社の裏は森で正面は田んぼであり周囲には人家はほとんどない。
 こんな寂しい神社からは彼ならずとも都会に飛び出したくなるであろう。最近番組の中で彼はいずれは実家の神社の後を継ぐ意思があると言っていた。しかし神主になるのは簡単な事ではない。必要な資格を得て、神社庁の許可を得て初めてなれるのだ。「僕イケメン」の言葉が今後聞けるか、聞けないか。聞けないことのほうが彼にとっては幸せであると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »