« 送別会 | トップページ | 2010年3月アイビー会 »

2010年3月23日 (火)

2010年3月アイビー随筆

アイビー随筆 「テレビに出たぞ」 

        37年理学部卒 大内建二
 
 6年ほど前の3月のある日、長町駅前の道を歩いていたら、腕に「NHK」の腕章を巻きマイクを持った若い男に呼び止められた。
「NHKのテレマサトゥディの取材です」と断り「あなたは何に春を感じますか?」という突然のインタビュー。
 とっさのことに驚いたが確か「冬タイヤを夏タイヤに交換した時の軽やかな音に春を感じる」と答えた。これは北海道に勤務していた時の切実な実感であった。
 「もしや?」と思いその日の夕方のテレマサを見ていたら「出ました!」。
出演時間はわずかに10数秒。恐ろしく老けこんだ親父が「私はーーー」と答えていた。どこの誰だか全くわからない人のインタビュー、というのが率直な感じ。
 実は私はこの時までに2度ほどテレビに映されている。最初は入社早々に行われた選挙の投票の時に、偶然に私の様子が映されたこと。
 2度目は10数年前に、東京の三ノ輪の商店街のさる有名な蕎麦屋で蕎麦を注文した直後、日本テレビの数名の撮影チームが店に入って来た。既に事前連絡が出来ていたらしく、直ぐに隣のテーブルで店のおかみ(東京の蕎麦屋業界では有名な存在)とのインタビューが
始まった。後日この時の様子を特バンで見たが、おかみの後ろで一生懸命蕎麦を手繰っているサラリーマンは正真正銘の私でした。

|

« 送別会 | トップページ | 2010年3月アイビー会 »

アイビー随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510903/47844368

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年3月アイビー随筆:

« 送別会 | トップページ | 2010年3月アイビー会 »