« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

日本製紙石巻 

6月26日(土)、世間はワールドカップで

盛り上がっている最中ですが、

ひっそり?と 

都市対抗野球2次予選東北大会が開かれました。

   

我が(?)日本製紙はこの日、

2試合予定されています。

   

Img_9173

山形市霞城公園内にある山形市営球場。

とっても場所はいいところにありました。

    

でも・・・・

なんか、球場がしょぼい・・・・・ 

   

前回初めて見た社会人野球。

宮城県予選は新しく出来た仙台市民球場

だったせいか

    

あれ~???   って感じです。

    

でも、中に入ってびっくり。

   

Img_91491

  

応援の人がたくさんいました。

   

バスチャーターで石巻から来ていたみたいです。

   

それに、それに、前回とあきらかに違っているのは、

応援団がいたこと。

   

お揃いのユニフォームで暑い暑い山形で

一生懸命声出して応援してました。

   

そしてマイクパフォーマーまでいて、びっくりです。

   

Img_91501

端っこで団旗をずーと持っている若者。

大変だっただろうな・・・・・

   

石巻応援団はたくさんいたので、応援席でなく、

バックネット裏へ行って観戦することにしました。

   

   

第一試合は福島県代表のいわき菊田クラブと対戦です。

 

このチームはいわゆる、クラブチーム。

   

ということで、企業チームである日本製紙は

余裕で勝つだろうと気楽に観戦予定です。

  

応援席からバックネット裏へ

モタモタと移動しているうちに

なぜか、一点先制されてしまいました。

     

さらに、その裏の攻撃。

    

ゼロ・・・・・・

え~話違うんじゃない?

   

相手はクラブチームでしょう・・・・・・?

    

    

って、心配はここまででした。

  

その後はどんどん点が入って5回終了時点で

15-1

   

10点以上差がつくとコールドということで、

終わりかな~と思っていたら、7回までやるらしい。

   

宮城県予選では5回コールドだったので、

てっきり、こちらも5回でおしまいかと思っていました。

   

盆地の山形はとにかく暑い。

もう、見ているだけでぐったりしている状態。

え~  まだやるの・・・・・・

    

相手チームのいわきの選手は

この日2試合目というのもあるんでしょう。

選手もかなり疲れているよう。

キャッチャーさんなんて、立ったり座ったりが辛そう・・・・

   

ここまでくるとエラーの連発で、さすがに、

ピッチャーさんが気の毒になるぐらい・・・・

   

  

さらに3点追加で『18-1』で無事一試合目勝利です。

   

   

   

   

  

Img_9168

なぜか、一人応援団やっている奴。   

   

Img_9169

「必勝」入りの日本製紙の応援グッズ。

これ、良い音出ました。

   

    

第一試合終了後はちょっと休憩時間が入るようなので

近くを散策。

       

木陰で着替える選手を発見。(写真はないですが・・・)

次の試合の相手チーム。

その着替え姿を見て、 

   

「あんな体のやつが選手なら余裕で勝てるな~」

・・・・・・だって。

    

その言葉信じます!余裕なんですね~

    

      

Img_9174

何している写真か分かるかな・・・・

  

なぜか野球場真ん前でキャッチボールを始める二人。

見ているとやりたくなるのかな・・・・

    

    

         

2試合目は青森代表の三菱製紙八戸クラブ

三菱製紙の名前はついているけど、

企業チームではないみたい・・・

    

  

Img_91831

相手チーム側の応援席には誰もいない・・・・

    

青森・八戸からはさすがに遠いか・・・・

これに比べると日本製紙石巻の応援団はすごかった・・・

    

『紙』 対決が開始です。

   

2試合目はベンチのすぐ上へ

場所を移しての観戦です。

   

Img_91591

  

こんな場所で野球を見たことなかった女管理人です。

すぐ目の前(目の下?)に選手達です。

   

ベンチからのいろいろな声が聞けて

いや~楽しかったです。

   

関西弁のコーチの応援(ヤジ?)

おもしろかったな~

    

試合の方はというと・・・・・  

   

あれ~  

   

    

一点先制してからなんか、点が入らない。

   

   

「大勝した翌試合は点数が入らない」

なんて誰が言ったのか・・・・・

   

  

しまいには、1-1の同点だったのに、

ホームラン(3ラン)打たれちゃった・・・・・・

    

それにそれに、

打ったのはあの木陰で着替えていたあの選手。

   

うっ うそっ・・・・・・

   

   

前の試合で18点も取ったけど、

ホームランがなかった日本製紙。

   

「ホームラン見たーい」と叫んでいた女管理人。

   

相手チームのホームラン見ちゃいました。

違う!日本製紙のホームランが見たかったのに・・・

   

   

これで 『1-4』

   

ヤバイ・・・      

このままだと負けちゃうじゃない・・・・

    

   

さすがに、エース級の投手がピッチング始めました。

   

   

そして、打線もまずいと思ったのか、

やっと本気出し始めたのか、

この後、すぐに4点とって逆転して、

一応一安心でした。

    

  

Img_91571

ベンチ上からの木村監督です。 

この位置で木村監督がせわしなく?

サイン出してました。

   

あっちこっち手が動いていて、

「わ~さすが、監督!」って感じでした。

   

一応サインがばれるといけないと思って

サイン中の木村監督を撮るのは控えました。

       

   

   

結局さらに追加点を取り、相手には点を与えることなく、

「8-4」で勝利です。

    

   

一応、予定通りの勝利でしたが

ドキドキさせられました!

   

   

 

    

Img_9154

ベンチ前で円陣はこんな感じです。

   

        

Img_91851

勝って応援席に挨拶する、日本製紙選手達。

       

  

Img_9186

球場外に張ってあった、手書きの試合結果。

手作り感いっぱいです。

   

あと二つ勝つとドームです!

ガンバレ!日本製紙石巻!

   

          (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

広報活動!?

約1年半前の「会報セントポール」に掲載された宮城立教会。

 

あの会報に載ると全国の方に見てもらえるということで、

ずいぶん宮城立教会の知名度が上がりました。

     

その時に立教大学校友会の会報委員の方が取材に来てくれました。

   

   

その時の取材で仲良くなった会報委員の方が

今回、秋田セントポールに取材に来るということを聞きつけて、

「ぜひ仙台に遊びに来て欲しい」と無理にお声がけして、

仙台での再会ということになりました。

     

Img_9145

   

   

結構、地域支部としては比較的活動がさかんと言われている宮城立教会ですが、

さらなる広報活動(!)です。

    

    

全国にいくつもある支部ですから、まあ、すぐ会報に掲載されるということは

なかなかないとは思います。

   

それでも、地道に宮城立教会をアピールしておきました!

Img_91460

セントポールマーク入りのこちら。

なんだか分かりにくいですね~

   

実は瓦せんべいです。

   

わざわざ、東京から持って来てくれたお土産です。

セントポールプラザでこういうものまで売っているとは知りませんでした。

きっと割れないように気を使って持って来てくれたんでしょうね。

ありがとうございました!

   

           (平成の女管理人)

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

今週の交響楽団 -9-

Img_7543

立教大学交響楽団仙台公演  

2011年2月23日(水)PM6:30~

仙台市青年文化センター

コンサートホール

指揮者 茂木大輔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

東京六大学宮城校友の会ソフトボール大会 懇親会

6月20日(日)ソフトボール大会後のPM6:00から

河童亭にて表彰式を兼ねた懇親会がありました。

 

今年の幹事校は明治さん。

この河童亭は明治さんの御用達のお店です。

 

ある年齢以上の人は必ず知っているという

柔道の神永さん(明治出身)の親戚筋のお店です。

   

Img_91041

宮城立教会ではいつも椅子の宴会ばかりです。

お座敷の宴会っていうのも、和気藹々な感じになり、良い雰囲気でした。

   

   

ソフトボール大会の雨による途中での中止のため、順位がつきませんでした。

  

そのため表彰は各大学からのMVPです。 

   

  

Img_9108

立教はこちらの男性。

      

・・・・・・ではなく、本当はこちらの男性のお嬢さんでした。

学生時代にソフトボール部だったお嬢さんは大活躍でした。

残念ながら、懇親会には参加できなかったので、お父さんが受け取りました。

 

立教+αの面々です。 

Img_9124

Img_9125

   

   

Img_9120

すでに酔っ払っている宮立野球部お世話係り。

  

河童亭さんから差し入れされた大きなお頭に・・・・・・・

Img_9121

こんなことまでしてしまいました・・・・・

(・・・・・・・河童亭さん。スミマセン)

 

  

最後は各大学のエールで閉めです。

   

もちろん明治の元応援団長です。

   

  

   

終了後、モタモタしていたら、立教の面々はすでにいなくなっていました。

まあ、日曜日の夜ですから、そんなもんでしょう。   

 

会場から外にでたら、なんだか、噂には聞いているメンツばかりが

残っていて・・・・・

 

もちろん、「六大学のおもちゃ」化している立教Sはその中心です。

 

案の定、捕まってしまいました・・・・・

  

 

時間も早いこともあり、ブログのネタ作りにもなるし、

半分怖いもの見たさで潜入取材を決心しました。

 

 

十数名でカラオケボックスへゾロゾロ歩きました。

  

   

   

いや~すごいすごい。

 

最初からハイペースで皆の高笑いがずーと続いてました。

    

  

 

皆のパワーに圧倒されるばかりだったのですが、

おもちゃのS曰く、「いつもの通りだ」と・・・・・・

   

ごくごくその一部をお見せしちゃいます。

        

   

    

たまに、大笑いしたい人は

皆さん一度参加してみたらいかがでしょうか?

  

 

   

  

最後に心配なことが・・・・・   

Img_9135

娘の賞品を手にしています。

ちゃんと娘に届いたかな・・・・・・

使い込みが心配です・・・・・

   

      (平成の女管理人)

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

東京六大学宮城校友の会 第2回ソフトボール大会

6月20日(日)仙台一高 第二運動場で

ソフトボール大会が開催されました。

Dsc_0003_copy

今回は法政・明治・立教の各大学チームと

慶應・東大・早稲田の混成チームの4チームでの戦いです。

    

我が立教は第一試合で、明治と対戦です。

   

Dsc_0015_copy

  

Dsc_0022_copy_4

ピッチャーはこちらの彼。

Dsc_0013_copy

自社のウィダーインゼリーを差し入れに持って来てくれました!

   

   

みんなウィダーインを飲んでパワーアップです!

勝ちが見えてくる・・・・・!?

   

   

   

Dsc_0025_copy

Dsc_0029_copy_2 Dsc_0032_copy Dsc_0035_copy Dsc_0042_copy Dsc_0065_copy Dsc_0066_copy Dsc_0078_copy  Dsc_0108_copy Dsc_0125_copy Dsc_0127_copy Dsc_0106_copy

   

今回は中年カメラ小僧さんが立派なカメラ持参で応援にかけつけてくれました。

写真はすべて、カメラ小僧さんが撮ってくれたものです。

カメラ小僧さん、どうもありがとう!

   

カメラ小僧さんが一生懸命撮ってくれたんですが・・・・・

結果は・・・・・・

   

       

残念ながら、まじめにやっている(?)明治さんに負けてしまいました・・・

   

   

 

Dsc_0068_copy

いつも賑やかな立教ベンチ。

応援団なら、間違いなく優勝?です。 

Dsc_0134_copy

  

   

この写真撮影の後、第三試合です。

やはり、敗者の法政さんと対戦です。

3位決定戦ということです。

   

試合が始まってまもなく、天気が怪しくなり、ポツポツ雨が降り始めました。

Dsc_0153_copy

雨が止むのを待っている立教ベンチ。

手拍子で、なぜだかみんな楽しそうです!

そしてそして  

   

気が付けば土砂降りです。

グランドコンディションもひどいことになって、途中で試合中止となってしまいました。

   

ということで、この後の優勝決定戦もできずに、撤収ということになってしまいました。

   

   

   

それでも、夕方からの懇親会は行なわれるソフトボール大会でした。

  

       (平成の女管理人)

 
   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月21日 (月)

今週の交響楽団 -8-

Img_7541

立教大学交響楽団仙台公演  

2011年2月23日(水)PM6:30~

仙台市青年文化センター

コンサートホール

指揮者 茂木大輔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

2010年6月アイビー会

6月16日(水)アイビー会がありました。

  

所用のため、欠席の女管理人。

そして、宮城立教会専属カメラマンのYASさんも欠席。

  

ということで、アイビー会のネタは無しです。

   

そこで、「サン・ファン・ヴァウティスタ号」について少し。

  

毎月大内建二さんが書いて下さっているアイビー随筆ですが、

今月は「サンファンバウティスタ号」でした。

  

これに反応して下さっている方がいるので、取り上げます。

  

中年カメラ小僧さんからいただきました。

  

Photo

『サンファン号が総展帆になる事は滅多にない(10年に一度くらい?)ので、その光景を見た方も少ないと思います。

尚、「サン・ファン・バウティスタ」とは、「聖・ヨハネ・バプティスマの」という意味で、ヨルダン河でイエスに洗礼(=バプティスマ)を与えた修行者です。
サロメは、このヨハネに横恋慕し、ヘロデ王の前で、踊りを披露した褒美として、ヘロデ王にヨハネの首を所望しました。オスカーワイルドは、この話を元に戯曲を書き、R.シュトラウスはオペラを作曲しました。』

  

とのことです。

   

また、すずたろうさんが管理して下さっている

宮城立教会石巻支部発・・・・のブログでも取り上げてくれています。

  

 

石巻ツアーでこちらもぜひ、伺いたいですね~

すずたろうさん!ヨロシク!

          (平成の女管理人) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

今週の交響楽団 -7-

Img_7540

立教大学交響楽団仙台公演  

2011年2月23日(水)PM6:30~

仙台市青年文化センター

コンサートホール

指揮者 茂木大輔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

第8回 六大学麻雀大会が盛大に終了す

6/10 第8回東京六大学宮城・麻雀大会が開催された。 

集まったのは、わが宮城立教会より10名を含め40人。

学生時代よりジャン好きの方々だ。

早稲田仙台稲門会のお世話で、開始前から和気あいあい、勝ちつ負けずの試合だった。

今回 立教大は優勝を逃し、早稲田大にゆずった。 

次回は来る11月5日に開催予定となっている。

P1010015

P1010016 P1010017 P1010018 P1010019_2 P1010020 P1010021 P1010024 P1010025 P1010026 P1010027 P1010030 P1010031

             

         (ジャン下請け係・i)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

2010年6月アイビー随筆

アイビー随筆 「サン・ファン・ヴァウティスタ号」

             37年理学部卒 大内 建二

 慶長18年(1613年)10月28日、徳川家康と秀忠の内諾を得た政宗は、支倉常長一行をスペインへ遣欧使節団としてへ派遣した。乗船した船は伊達藩の「何処か」で建造され
たサン・ファン・ヴァウティスタ号という洋式帆船であった。
 一行が乗船したこの船のレプリカ船が復元されて石巻の近郊に展示されている。
 この船は政宗と親交のあったスペインの宣教師ソテロと、滞在中のスペイン人ヴィスカイノの協力で、日本に滞在中のスペインの船乗りや造船技師、日本の船大工の協力で建造されたとされている(正確な建造場所は今もって不明)。 
 しかしヴァウティスタ号の実際の姿については一切の資料が無いために本当の姿は全く不明なのだ。再現されている同号の姿は当時のヨーロッパで広く使われていた、ガレオン型外航帆船に仕上げられている。しかしこれを否定することも肯定することも出来ない。何しろ一切の資料が残されていないためだ。
 最近同号をつぶさに見学してきたが、当時のガレオン型帆船の精密な図面と比較しても省略ケ所を除けばよく再現されている。
 但しこの船は実際には航海は出来ない。この船はあくまでも「海に浮かぶことが出来る建造物」の扱いである。厳重な日本海事協会の審査をパス出来ないこの船は、船舶の基準を満たしておらず、あくまでも展示のためのレプリカ品なのである。
 それにしてもこの小さな船でスペイン人40名と日本人140名が、よくも三か月もかけて最初の目的地メキシコまで行ったものである。日本人の中には水夫ばかりでなく、幕府や伊達藩の役人とその随行員や商人達60名近くも乗っていたのには驚かされる。
 常長一行が太平洋を渡っている最中に日本国内の対外対策は厳重な鎖国に変わってしまった。そして多くのキリシタンが処刑されるという悲劇が生まれたのだ。
 この事態に対しスペイン国王も、助力を仰いだローマ法王も一行を歓迎するわけはなく、彼らは7年後に失意の中に帰国したのだ。
 そしてこの出来事の一切(船の建造も含め)は幕府の命令で闇に破棄・葬られてしまったのだ。日本が改めてこの壮大な出来事を公に知ったのは、大久保利通等が渡欧した時なのである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

今週の交響楽団 -6-

Img_7539

立教大学交響楽団仙台公演  

2011年2月23日(水)PM6:30~

仙台市青年文化センター

コンサートホール

指揮者 茂木大輔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

日本製紙石巻 優勝!

先日、木村監督を囲む会が行なわれたことは

こちらのブログで報告しましたが、

木村監督率いる日本製紙石巻野球部が

都市対抗宮城県大会で初優勝しました!

   

優勝が決まった5月30日(日)の前日、

5月下旬とは思えないほど寒い、小雨が降る

5月29日(土)に宮城立教会コミック野球部で

観戦しに行ってきました。

     

Img_8767  

  

Img_87800

   

この日の相手はTFUというクラブチーム。

企業チームVSクラブチームの場合、結構大差で

コールドゲームになることが多いということを聞いて、

これは5回までで終わるだろうと

さっさと帰るつもりで観戦開始。

  

ところが、4回まで「0-0」。

「オイオイ、話違うよ~」と

あまりの寒さに愚痴ってしまう始末です・・・・

   

でも、寒さに耐え続けて観戦です。

 

Img_8772

多分中央にいるのが木村監督と思われます。

 

なんとか、9回までに2点とって、

「2-0」の僅差で勝利。

  

Img_87900

  

天気と同様、明日の77銀行戦は大丈夫・・・・・・と暗雲が。

   

Img_87920

すでに片付けが始まっていますが、

日本製紙の応援の旗が

すごいたくさん掲げられていました。

 

    

5月30日(日)

この日は残念ながら、前日メンバーもそれぞれ都合があって、応援に行くことができませんでした。

   

11時から準決勝の77銀行戦、

勝てばそのまま14時から決勝戦ということです。

   

たまたま14:30頃、

車で4号線の市民球場脇を通ったら、

前日見た日本製紙の応援の旗が

車の中からも見えました。

   

ってことは決勝進出!?

  

急遽、市民球場へ。

  

しっかり、日本製紙 VS JR東日本戦

が行なわれていました。

 

もちろん、そのまま観戦です。

  

バックネット裏のマン真ん中へ。

 

Img_8795

この日は前日と、うって変わって快晴です。

    

この段階で2回終了、「0-0」

投手戦の感じです。

   

しかし、予想に反して・・・・・・

     

日本製紙のガイドブックでチェックした

イケメン選手が塁にでて得点にからんで

大喜びして、楽しんでいたら、

なんと、「5-0」の大量得点。

   

この後はずいぶん気楽に観戦できました。

  

Img_8815

そんな中、急にピッチャーが足を痛がって、

急遽ピッチャー交代でマウンドに来た木村監督。

    

マウンドで撮ることのできた、木村監督の写真です。

 

あのピッチャーは大丈夫だったかな・・・・・

Img_8813

     

結局、そのまま、JR東日本は一点も取ることなく

日本製紙が優勝です。

  

  

Img_8826

  

    

Img_8808

日本製紙の優勝の瞬間

応援団も盛り上がってました。

   

     

    

ちょっと前にKスタに戸村投手の応援に

行ったとたんに打たれて

それ以来、疫病神扱いの女管理人。

 

今回優勝で「勝利の女神」に

少しは近づけたかもしれません。

  

木村監督のおかげです。

  

  

 

試合終了後すぐに表彰式でした。

  

Img_8831

優勝の賞状を受け取る木村監督です。

Img_8835

   

   

  

表彰式後、日焼けで顔を真っ赤にした

宮城立教会野球部員を発見。

準決勝から見ていたということ。

  

Img_8840

右男性です。

日本製紙石巻野球部のマネージャーさん(左)と

ご挨拶してました。

  

この日、自社の「ウイダーインゼリー」を

差し入れにやってきたということ。

 

普段からお付き合いがあるみたいです。

    

Img_8844

せっかくなので、お二人並んで記念写真です。

(ブログのために無理やり写真撮らせてもらいました!)

  

    

Img_8842

河北の記者から取材受けている木村監督です。

     

   

Img_8845 

表彰式で木村監督が手にした、賞状を撮らせてもらいました。

「優勝」の文字の下のチーム名がまだ、鉛筆書きでした。

   

優勝したてって感じでいいですね~

  

次はいよいよ都市対抗野球2次予選(東北大会)です。

 

東北六県の代表12チームから

東京ドームの本戦に出場できるのは

2チームということです。

  

ガンバレ、日本製紙石巻!

   

そしてそして、おめでとう

日本製紙石巻! 木村監督!

   

           

石巻日日新聞 2010/5/31

 第81回都市対抗野球宮城県大会(1次予選)の決勝戦が30日、仙台市民球場で行われ、日本製紙石巻がJR東日本東北に5―0で勝利し初優勝を果たした。


 大会は28日に開幕。県内の社会人、クラブ14チームがトーナメントで東北大会(2次予選)への出場権を争った。


 日本製紙は1回戦でS・Aクラブにコールド勝ちして波に乗ると、29日午後の2回戦はTFUクラブに2―0の完封勝利。東北大会への切符が与えられるベスト4に入った。


 30日の準決勝はこれまで全国大会出場への厚い壁となっていた七十七銀行に3―2で勝利。決勝戦はJR東日本東北を相手に5―0で完勝し、見事宮城県第1代表の座を手に入れた。


 なお、東北大会(2次予選)は6月26日から、山形県で開催。12チームが出場し、このうち2チームが東京ドームで開かれる本戦に進むことができる。

  

   

             (平成の女管理人)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »