« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

「日本製紙石巻を応援する会」

先日の総会で正式に承認された

「日本製紙石巻を応援する会」ですが、

承認後、応援する会代表の声がけで

初の集まりがありました。

    

 

   

見事、東北地区大会で優勝して、

都市対抗野球の代表に決まった日本製紙石巻。

    

「東京ドームでテッペンを!」を掲げての壮行会です。

    

   

木村監督を石巻からお呼びしての実現です。

    

Img_9416

Img_9417

    

詳しくはこちらのブログにありますので、

ぜひ、ご覧下さい。

   

   

  

そちらのブログにないネタを一つだけ。  

   

Img_9418

右男性、自ら木村監督(左)の隣に座り、

この壮行会前に行なわれた宮立野球部練習試合で

「2安打、打ったから」とアピールして、

「日本製紙石巻に入れてくれ!」ととんでもないこと

お願いしていました。

   

木村監督も、苦笑いでした・・・・

   

   

そして、このとんでもない男子は、この後、

行方不明になり、皆を心配させることに・・・・・・

   

どうしていたかは、本人に聞いて下さい。

(生きていることだけは確認済みです。)

   

        (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

送別試合

7月25日(日)野球部の練習試合に行ってきました。

    

Img_9399

立派な球場でした。

   

都市対抗の宮城県予選の決勝も同じこの場所でした。

そんなところで、宮立コミック野球部が試合やるなんて。

   

すごい・・・・

   

   

   

今回、久々に練習試合に顔だしたのも、実は

野球部員の転勤が決まったからでした。

   

   

Img_9408

宮立野球の強力バッターでかつ、

キャッチャーの出来る貴重な存在だった人物。

残念ですね~

    

    

でも、世の中ちゃんとうまく出来ているようで、

 

初参加の若者も来てくれていました。

   

Img_94041

顔分からないですね~

試合前のストレッチ中でした。

   

   

Img_9413

今までなかなか忙しく、参加できなかったこの方も初参加。

    

なんとなんと、宮城立教会初の立教硬式野球部出身者です。

待ちに待った、初参加です。

   

本物の野球部のユニフォームが見れると思って楽しみにしてたら、

ユニフォーム着ていません。

     

聞いたら、「きつくて着られない・・・・・」ですって。

やっぱり、年月は過ぎているんですね・・・・

    

   

 

Img_9415

復活組もいらっしゃいました。

転勤で仙台へ戻ってきて、早速、参加してくれました。

   

   

Img_9405

Img_9406

Img_9407

Img_9409

Img_9410

Img_9411

     

全て、写真が試合前のもの。

実は試合が始まる前に帰らなければ行けなくて・・・・・

    

試合結果を知らずに、その場を離れてしまいました。

   

  

結果は宮立野球部のホームページで多分、

そのうち更新されると思います。

        (平成の女管理人)

    

    

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

今週の交響楽団 -13-

Img_75480

立教大学交響楽団仙台公演  

2011年2月23日(水)PM6:30~

仙台市青年文化センター

コンサートホール

指揮者 茂木大輔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

立教野球部が名取にやってくる!

最近このブログでも紹介している、

都市対抗野球の宮城代表で出場が決まった

日本製紙石巻と立教野球部の試合がなんと、名取で

行なわれることが決まったんです。

    

8月11日(水)10:30~

名取市民球場

    

毎年夏に、秋田で合宿をしている立教野球部。

その帰りに名取に寄って試合をするらしいです。

   

石巻の木村監督と現立教野球部監督のつながりが

あるんではないかと勝手に想像していますが。

    

立教野球部の試合を最後に見たのは

89年秋の神宮で見たあの優勝決定の時。

もう、あれから20年以上経ってしまいました。

  

縦じまのユニフォーム、宮立コミック野球部で良くみていますが、

本家をみるの楽しみです。

   

宮立野球部応援団長さんも駆けつけてくれるかな?

       

みんなで楽しく観戦したいです。

   

        (平成の女管理人)   

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

2010年7月アイビー会

7月21日暑い暑い第3水曜日に

いつものようにアイビー会がありました。

    

アイビー会にちょっと変化が!

   

アイビー会の代替がありました。

   

何が代替されたのかというと

   

    

座長・司会・エール担当の3役です。

役付き職があったのを、私も知りませんでしたが・・・・・・

   

新しい司会者で通常より遅れてアイビー会が進みました。

なんで、始まらないんだろう・・・と思っていたら   

   

新しい司会者が飲んでただけ???

   

   

いろんな意味で何かやってくれそうな新司会者!

    

これから楽しみです。

    

   

    

  

石巻から仙台へ戻ってきた

宮立野球部現エース(?)から

石巻ネタの告知がありました。

    

「ボンバールいしのまき」というイベントが

あるということです。

   

これを企画しているメインメンバーに

石巻の大もり屋のご主人がいるそうです。

  

こちらは宮城立教会石巻支部の支部長さんです。

   

3000円(前売り)のチケットで5つのお店を回れて、

お店が自信を持って提供する

1ドリンク&1フードをいただけるそうです。

8月29日(日)12:00~22:00

石巻で一日楽しめそうですね。

   

最近、石巻ネタが多いのも、こちらのおかげ。

「宮城立教会石巻支部発・・・」のブログです。

こちらもご覧下さい。

     

   

あとは、まあいつものアイビー会でした。

  

  

デジカメ忘れて、携帯で撮りましたがぶれてますね~

すみません。  

T0010001

T0010002

   

T0010004

七夕飾りの前でエールきってます。

もうすぐですね。仙台七夕。

             (平成の女管理人)

      

 

    

    

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

今週の交響楽団 -12-

Img_7550

立教大学交響楽団仙台公演  

2011年2月23日(水)PM6:30~

仙台市青年文化センター

コンサートホール

指揮者 茂木大輔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

定時総会

7月9日(金)リッチフィールドホテル仙台にて

定時総会がありました。

   

Img_92941

       

   

Img_9295  

  

例年通り、粛々と行なわれました。

これを世間ではチャンチャン総会というんでしょうね・・・

   

執行部はいかに時間を短く進めるかに苦心しております。

   

ダラダラやっていると「長い!」とお叱りを受けるからです・・・・

   

Img_9298

Img_9300

Img_9301

Img_9303

 

Img_9305_2

  

以上が総会の写真です。

   

   

   

Img_9307_2

乾杯の挨拶で、ここから、懇親会へ突入です。

   

   

   

Img_9308 Img_9310 Img_9312

料理の写真撮ってきました。

   

  

Img_9315

校友会事務局。すっかりお馴染みさんです。

野球部出身でキャッチャーさんということです。

同期のピッチャーさんが仙台にいるんです。

今から秋の六大野球大会でバッテリーで出場してくれ~!

ってお願いしています。 

   

Img_9317

立教学院募金室から若人です。

    

   

   

Img_9318

校友会から前会長への感謝状が贈られました。

     

  

Img_9319

その感謝状の贈呈です。

  

Img_9320

感慨深げ(!?)に眺めています。

   

   

    

  

以下は、壇上に上がって挨拶した方々です。 

Img_9322

Img_9323

Img_9325

Img_9368

Img_9378

Img_9329

Img_9356

初登場の平成19年卒女子。

輝いていました!   

   

   

以下、談笑風景です。

Img_9331

Img_9332

Img_9334

Img_9336

Img_9351 

   

   

    

Img_9348

懇親会中にお金のやりとりする者達が・・・・ 

   

   

これは来年2月23日青年文化センターで行なわれる

立教大学交響楽団仙台公演のチケット販売しているんです。

まだ、チケット出来ていないんですが・・・・・

   

来年2月までに800枚のチケットを売らなければなりません。

大仕事だな・・・・

   

協賛金のお願いもあちこちで始まっていました。

   

   

     

Img_9389

あっという間に〆の時間となりました。

いつもの〆です。

  

Img_9391

        

    

    (平成の女管理人) 

    

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

今週の交響楽団 -11-

Img_75440

立教大学交響楽団仙台公演  

2011年2月23日(水)PM6:30~

仙台市青年文化センター

コンサートホール

指揮者 茂木大輔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

2010年7月アイビー随筆

アイビー随筆 「続・遣欧使節団」

       37年理学部卒 大内 建二

 6月のこの欄で「サン・ファン・バウティスタ号」について書いたが、多少説明不足の面があったので補足しておきたい。
 支倉常長一行の遣欧使節団については謎が多く、現在でも多くの未解明な部分がある。何故か?
 この使節団について謎が多いのには大きな理由があるのだ。現在日本国内で出版されている支倉常長と使節団に関する書籍の基本資料のほとんど総ては、一行が訪れたメキシコやスペインやイタリアで公開されている資料によるものなのである。そしてこの使節団に関する日本側の資料は伊達家代々の記録を残した「伊達治家記」に記載されているわずかの文章だけなのである。
 支倉常長一行が日本を出発したほとんど直後に、幕府は鎖国令を発し同時に日本国内にいる日本人キリシタンやスペイン人宣教師の大弾圧を開始した。当然のことながらこの情報は直ちにスペイン本国に送られた。
 日本を出発した常長一行は途中メキシコに立ち寄り、スペインに入国したのは日本を出発して2年後であった。彼らは派遣の目的であるスペイン及び周辺諸国との通商の交渉に入ろうとしたが、日本の実情を既に知っているスペイン国王(フェリペ3世)は彼ら一行との会見の一切を拒否した。
 これを打開するために同行の宣教師ソテロの計らいで、ローマ法王に謁見しスペイン国王とのとりなしを求めることにし、一行はローマに入ったが、謁見はかなえられても交渉は不成功に終わった。
 彼らは失意の中で帰国をすることになったが、鎖国の日本に再入国することは困難を極めた。彼らは入国の許可が下りるまでフィリピンに2年も足止めされていた。
 日本を出発して7年後にようやく帰国を許され一行(全員ではない)は日本の土を踏んだが、帰国に際し幕府の命令で一行が記録した一切の記録(航海日誌、行動日誌、その他種々の記録)は破棄された。また大船建造禁止令に伴いサン・ファン・バウティスタ号の建造に関する一切記録、資料(図面を含む)も破棄された。そして支倉常長も帰国2年後に死去している。
 つまり彼ら一行が帰国した元和4年以降明治維新までの250年間、日本からは遣欧使節団に関する一切の記録が抹殺されたのであった。
 日本がこの派遣の事実を知ったのは明治に入ってからであり、一行に関する記録はすべてをスペインやイタリアに頼らざるを得なかったのである。
 つまり何故伊達政宗が使節団を送りだしたのか、その間の幕府との具体的な交渉や約束事の一切の記録も抹殺されており、より多くの謎を深めたことになったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

今週の交響楽団 -10-

Img_7547

立教大学交響楽団仙台公演  

2011年2月23日(水)PM6:30~

仙台市青年文化センター

コンサートホール

指揮者 茂木大輔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

第一代表決定

続けて日本製紙石巻野球部ネタです。

     

7月1日(木)山形のタカスタ(県営球場)で

都市対抗野球東北地区大会

第一代表決定戦が行なわれました。

   

この試合で勝てば東京ドームという試合です。

    

Img_9284

  

楽天の2軍の試合も行なわれるということもあって

この前の市営球場とは違って、立派です。

Img_9282_2 

横断幕も立派。

   

Img_91901

今回も応援団頑張ってます。   

Img_91971

この日も石巻からたくさんの人が来たんでしょう。

    

      

Img_9192

石巻にも負けてません。

仙台からも宮城立教会応援団が駆けつけています。

   

   

試合相手は東北大会にもかかわらず、

宮城県代表の77銀行です。

これじゃ、県予選と変わらない・・・・

    

77銀行は都市対抗常連だそうです。

   

初出場を狙っている、日本製紙石巻。

負けてくれてもいいんじゃない・・・・・

と心でささやいていました。

   

    

日本製紙石巻と77銀行との大きな違いは

   

   

これです。

Img_92001

77銀行の応援団にはチアリーダーがいるんですね~

窓口の女子行員らしいです。

やっぱり華やかですね。

チアリーダーって。

     

その真ん前に

    

あれ~

   

   

さっき、一緒に写真撮ったのに・・・・

Img_9201      

そうなんです。

こちら、宮城立教会会員ではないんです。

H大のTキャプテンです。

在仙六大学対抗野球大会で

宮立野球を相手に打ちまくっているキャプテンです。

   

上司命令で応援に来たらしいです。

愛社精神でめちゃくちゃ一生懸命応援してました。

石巻出身だから、石巻が勝ってもいい・・・

なんて言っていたのに・・・・

    

    

   

Img_9194

同窓生ということでいつも木村監督の写真を中心に

撮ってしまっていましたが、

ちゃんとエース投手撮ってきました。

    

さすが、エースです。やっぱり違う気がしました。

(素人目ですが・・・・)

    

    

これなら大丈夫って思っていたら・・・・・

   

   

あらら~

 

77銀行の投手もすごいです。

    

それもそのはず、ドラフト候補なんだそうです。

プロに近い人ってやっぱり違うんですね~

なんか、打てなさそうな感じです。

    

   

Img_9205

エラーがらみで一点先制したものの、

その後、すぐに追いつかれて同点のまま、

投手戦です。

    

もう、ドキドキしっぱなしです。

    

    

  

    

そして、魔の8回。

    

ランナー出して・・・・・

      

      

ホームラン打たれてしまいました・・・・・・

   

   

   

     

Img_9207

さすがに、木村監督がマウンドへ行きました。

    

この後は抑えましたが、

    

・・・・・・2点差です。

    

   

Img_9209

相手ベンチはやたらと盛り上がってました。

77の背番号つけている方はやっぱり監督ですかね~

     

   

 

このまま得点入らず、2点リードされたまま、

9回裏の攻撃です。

    

77銀行の応援団は勝ちが見えているせいか

なんだか余裕の応援って感じです。

    

   

   

でも、なぜか、負ける気がしませんでした。

なぜなら、今まで見た、日本製紙石巻の試合、

全部勝っているからです。

    

根拠ないけど、きっとサヨナラ勝ちだと思ってました。

     

    

その思いが通じたのか

      

同点に追いつきました。

   

Img_9220

俄然、盛り上がる石巻応援団。

   

バズーカみたいなメガホン。

目立ってました。

   

しかし、サヨナラとはならず、延長戦に突入です。

    

   

77銀行もさすがです。

また、一点追加です。

    

一点を追いかけての攻撃です。

今度こそ、追いついて、サヨナラ!

    

・・・・・・・と祈ります。

      

Img_9221

    

願えば叶う・・・・・・・

   

追いつきました。

    

いよいよ逆転サヨナラまで、もう一歩です。

    

Img_9228

監督のサイン見ているのかな・・・・?

 

最後の打者になって~ とさらに祈ります。

   

   

   

Img_9229

この写真で分かってもらえますね。

    

   

そうです。ヒットを打って、サヨナラです。

Img_9231

マウンドで喜びいっぱいの日本製紙石巻選手達です。

   

   

Img_92391

整列して挨拶です。

   

男泣きしている選手もいます。

いいですね~

   

Img_9243

後姿ですが、きっとプレス用の写真撮影でしょう。

向こうにいるカメラマンにみんなポーズとってます。

   

    

Img_9244

なんとしたことか・・・・・

大失敗です。

大事な大事な木村監督の胴上げの瞬間なんです。

でも、金網が写ってしまいました。

    

しょうがないので、

Img_9246

次の選手の胴上げを載せておきます・・・・

   

  

そのまま表彰式です。

    

Img_9257

賞状を受け取る木村監督。

  

Img_9262

Img_9263

Img_9264

    

   

Img_9266

MVPでいいのかな~優秀選手の表彰です。

   

Img_9268

続いて、新人賞(だったはず・・・)です。

      

   

Img_92731

Img_9274

みんな笑顔がいいですね~   

   

Img_9278

プレスに囲まれる木村監督。

さすが、今までと数が違います。

   

    

Img_92611

逆転のスコアボード。

いいですね~

   

   

Img_9281_2 

決勝トーナメント表です。

結局、宮城県予選と一緒の顔ぶれでした。

   

いよいよ、次は東京ドームです。

「日本一を目指す」と木村監督です。

   

  

代表決定、おめでとう!

    

そして、東京ドームでも

ガンバレ!日本製紙石巻

     

        (平成の女管理人)

   

   

    

石巻かほく(三陸河北新報社)  

延長逆転サヨナラ!全国へ

2010.07.02
都市対抗野球 東北予選決勝   日本製紙石巻が初栄冠
 第81回都市対抗野球2次予選東北大会は1日、山形県中山町のYZタカスタ(山形県野球場)で全国大会への第1代表決定戦決勝を行った。日本製紙石巻は延長十回、5-4で七十七銀行(仙台市)にサヨナラ勝ちで初優勝し、東京ドームでの全国大会出場権を獲得した。念願の目標達成に日本製紙石巻の選手たちは喜びを爆発させた。

 日本製紙石巻は一回、犠打、野選で先制したが、二回に同点とされた。好機をつくっても双方得点が入らないまま迎えた八回、先発久古が七十七銀行の代打北川に左越え2ランを浴び、1-3と勝ち越された。

 しかし、日本製紙石巻は九回、1死二、三塁から小池の左前適時打と、川畑の犠打で2点を入れて同点に追い付いた。

 試合は延長戦へもつれ込んだ。十回、七十七銀行に1点を奪われたが、その裏、後藤が中前適時打で再び同点とした後、1死満塁から小池が左前適時打を放ち、逆転サヨナラ勝ちを決めた。

 投げては、先発久古が八回に2ランを浴びるまで幾度かのピンチを切り抜け、八回から登板した沖山も十回の1失点に抑えた。

 サヨナラ打を決めた小池は「最初は犠打の指示だった。途中で思い切って打て、とのサインに変わった。思い通り打てて良かった」と話した。

 先発の久古は「八回に2ランを打たれて、第2代表決定戦を思い浮かべた。正直言ってここまで挽回(ばんかい)して勝てるとは思わなかった。感動した」と逆転劇を振り返った。

 木村泰雄監督は「選手たちが最後まであきらめず、九、十回に粘り強さを発揮した。すごい。信じられないような勝利だった」と目標達成に満足げ。東京ドームに向けて「宮城一、東北一を達成した。今度は日本一が目標だ」と語った。

 亀山紘・石巻市長 全国大会出場おめでとう。東北大会での優勝を確信していた。野球が盛んな本市にとって大きな喜びだ。全国大会では優勝を目指し、石巻市の名を全国に広めてほしい。

 浅野亨・石巻商工会議所会頭 快挙だ。素晴らしい。選手、会社、市民挙げて、みんなで頑張った成果だと思う。石巻の名前を全国にPRしてほしい。さらなる飛躍を期待している。

     

  

    

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »