« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

日本製紙石巻からプロ野球へ

10月28日はドラフト会議。

   

去年の今頃は

  

「楽天が立教戸村投手ドラフト1位指名!」

  

で盛り上がっていたな・・・・

   

当時のブログはこんな感じです。

   

今年は早稲田早稲田と立教の「り」の字もなく・・・

どこか他人事・・・・と思っていましたが。

   

なんと、宮城立教会で勝手に応援している

日本製紙石巻からなんとプロ野球選手誕生です。

もちろんお初ということです。

   

ヤクルトからドラフト5位で指名された久古投手。

しっかり、木村監督と握手しています。  

3483

(日本製紙石巻工場で石巻日日新聞10・29)

木村監督も嬉しいそうです。

この久古投手、木村監督にスカウトされて

石巻にやってきた投手です。
 

さすが、木村監督、見る目ある~

   

この久古投手と、同じくロッテにドラフト3位指名された

77銀行の小林投手は

素人が見ても、違うな~と思ってました。

   

まあ、普段、宮立コミック野球観戦が中心の

あてにならない素人目ですが・・・・

   

   

  

 

日本製紙石巻の今シーズン最終戦となるのが

Img_9780

この試合だそうです。

    

Img_9785

このポスターにも久古投手しっかり写ってました。

   

   

欽ちゃんも宮城で最後の試合だそうですが、

この久古投手も石巻のユニフォーム最後だと思われます。

  

日本製紙石巻をみんなで応援するために

「欽ちゃんシート」に負けじと「木村シート」なる

連続席用意してもらいました。

  

まだ、席ありますので、もし、行きたいという方は

メールにて連絡下さい。    

   

             (平成の女管理人) 

   

石巻日日新聞10・29

プロ野球のドラフト(新人選択)会議が28日夕、東京都内で開かれた。高校や大学、社会人などそれぞれの場で活躍した〝逸材〟が各球団から指名を受けた。このうち石巻市の日本製紙石巻硬式野球部の久古健太郎投手(24)=東京都出身、青山学院大=は東京ヤクルトスワローズから5位で指名された。石巻の名を背負い最高峰の舞台に羽ばたくエースを、チームメートやスタッフが盛大に祝福した。
 同社で初めてのプロ指名を受けた久古投手。左の横手投げという変則投法で直球の最速は142キロ。スライダーやカットボール、チェンジアップなど多彩な変化球を持っている。今年は都市対抗野球大会初出場に大きく貢献した。

「プロ野球での活躍を願っている。ぜひ一軍に」。日本製紙野球部の木村泰雄監督が28日、会見の席上でドラフト指名された愛弟子の久古健太郎投手にエールを送った。会場ではチームメートが胴上げをして都市対抗初出場など、日本製紙の快進撃の立役者となったエースの門出を祝福した。
 午後6時55分、日本製紙(株)石巻工場内に設けられた会見場で木村監督の携帯電話が鳴った。相手はヤクルトスワローズ編成部の八重樫幸雄氏。5位で久古投手を指名したことを知らせる内容だった。
 同社出身で初めてのプロ野球選手となる久古投手。昨年休部した日産自動車から今年1月1日付で石巻に移籍してきた。社会人野球選手にとって所属チームの休部は現役引退を意味するだけに、今回の指名は絶望の状態からかなえた夢。うれしさもひとしおだった。
 会見で久古投手はあふれ出るさまざまな感情を抑えながら「一度は野球をすることをあきらめるという選択に迫られたこともあった」と当時を振り返った。「木村(泰雄)監督に道を示してもらい、石巻市民の皆さんからは温かな応援をもらった。この1年間の思いを胸に、これからの野球人生で日本製紙や石巻の名を汚さないように頑張って恩返しをしたい」と語った。
 その後はチームメートが会場に駆け付けて、久古選手を胴上げ。堅い握手を交わすなどして活躍を願った西尾俊介主将は「野球部が子どもたちに夢を与えられるようになりうれしい。(エースのプロ入りで)戦力ダウンは否めないが、残った自分たちがレベルアップしていかなければ」と気を引き締めていた。
 会見の様子を見守っていた倉田博美工場長は「大変喜ばしいこと。残った選手の励みになるよう頑張ってほしい」と話していた。


  

河北新報10・29

◎久古(日本製紙石巻) ヤクルト5位/プロで活躍恩返しする
 ヤクルト5位指名の久古は、石巻市の日本製紙石巻工場内で記者会見。「一度は野球をあきらめかけた。石巻で野球を続けるチャンスを与えてもらえたおかげです」と感慨深げに話した。
 所属していた日産自動車(神奈川県横須賀市)が昨年末で休部、引退の危機に追い込まれた。今年1月に移籍し、チーム初となる都市対抗大会出場の原動力になった。
 「休部という経験があったからこそ今の自分がある」と振り返り「多くの人の支えで野球を続けてこられた。プロで活躍することが、世話になった人たちに恩返しになる」と闘志を燃やす。
 左の横手投げ。最速142キロながら、切れのいい直球とカットボールやチェンジアップなど多彩な変化球を繰り出す。
 目標とする投手は同僚となるヤクルトの石川雅規投手(秋田商高―青学大出)。「石川投手のようにチームから信頼されるようになりたい」と夢を膨らませた。

<久古健太郎(きゅうこ・けんたろう)投手>=日本製紙石巻=左横手から強気に内角を突く直球と多彩な変化球が光る。東京・国士舘高―青学大出。180センチ、81キロ。24歳。

   

石巻かほく10・30

日本製紙石巻からプロ入り 市民に感謝「活躍で恩返し」/  

プロ野球ドラフト会議が28日、都内のホテルで開かれ、日本製紙石巻の久古健太郎投手(24)がヤクルトスワローズから5位指名を受けた。石巻地方でドラフトの指名を受けるのは、2002年にヤクルトが指名した高橋敏郎捕手(石巻専修大出)以来8年ぶり。記者会見に臨んだ久古投手は「日本製紙石巻での1年はこれからも背負っていく。石巻の名を汚さず、広めるように日々頑張っていきたい」と感謝と決意を語った。
 久古投手はプロ球団からの指名の可能性が高まっていたことから、日本製紙石巻工場内の厚生施設で木村泰雄監督らとともに待機。午後6時55分、木村監督の携帯電話にヤクルトの球団スカウトから指名を告げる連絡が入り、木村監督は「ありがとうございます」と返事し、隣席の久古投手と握手した。
 会見で久古投手は「昨年まで所属した日産自動車野球部の休部で1度は企業チームでの野球をあきらめかけたが、石巻でまた野球ができる環境を与えてもらい、都市対抗野球にも出場できた。チームメート、市民の皆さんの支えが大きな力になった」と、石巻での1年に感謝。
 さらに「開幕を1軍で迎えられるように今から準備し、信頼される投手になりたい。プロで活躍することで、これまで支えてもらった人々に恩返しをしたい」とプロ入りへの決意を述べた。
 久古投手の実力を見抜き、石巻へ呼び寄せた木村監督は「日本製紙石巻からプロ第1号を出せてうれしい。われわれも励みになる。さらに努力して、ぜひ1軍で活躍してほしい」とはなむけの言葉を贈った。
 一方、日本製紙石巻のエースが抜けることには「戦力的に苦しいが、この穴を埋めるよう、ほかの投手も頑張ってほしい」と若手の成長に期待した。会見後、久古投手は野球部の仲間から胴上げの祝福を受けた。
 石巻から久々のプロ野球選手が誕生することに、浅野亨石巻商工会議所会頭は「石巻に足跡を残してプロ球界にデビューするのは大変素晴らしい。今後も石巻とつながりを持ち、オフには石巻の子どもたちの指導もしてもらいたい。活躍を大いに期待する」と述べた。
 石巻野球協会の星進会長は「石巻の野球界、特に少年たちの大きな励みになる。都市対抗野球出場と今回の指名で、日本製紙石巻に良い選手がまた集まることも期待できる」と語った。

 久古 健太郎(きゅうこ・けんたろう)投手 1986年、東京都北区出身。国士舘高、青山学院大卒。身長182センチ、体重80キロ。左横手投げで、最速142キロの直球、スライダー、チェンジアップが武器。国士舘高2年の時に春の選抜に出場(1回戦敗退)。青学大1年からリーグ戦に登板。大学通算は3勝。卒業後、日産自動車野球部に入部。しかし、1年目で休部となり、今春、日本製紙石巻に移籍。今シーズンは19試合に登板し4勝6敗。防御率2.41。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

第5回東京六大学 宮城校友の会 野球大会

10月24日(日)に仙台一高・第二グラウンドで

秋の恒例となりました、野球大会がありました。

   

  

Img_9744_2

早朝(8時前です!)にもかかわらず、

各校勢ぞろいです。

  

Img_9741_2

各校代表者。

   

Img_9740_2

Img_9743_4

前年優勝校の法政さんが優勝カップ返還に

選手宣誓。

  

我が立教もいつか・・・・・・・

    

    

Img_9739_2

立教の精鋭達。

人数数えると・・・・・

え!  8人。 

前にいる代表者いれても、9人。

  

ギリギリじゃん!

   

   

Img_9753_2    

旗も小さくなびいてました。

他大学はちゃんとした旗持参なのに、

なぜか立教は小旗。

     

Img_9734

クリーニング済み旗の袋を空けたら、これでした。

法被です。

   

考えれば、そんな旗をクリーニング出さないだろ!って。

    

こういう準備する男が

宮立コミック野球部の代表者です!

   

   

 

開会式後すぐの第一試合なので、

皆すぐに練習開始です。

Img_9745

Img_9746

Img_9747

Img_9748

  

  

 

Img_9754 

監督代行(本物の監督は誰でしょう?)から

スタメン発表です。

  

って、もちろん、全員野球です。

      

   

Img_9750

試合開始の段階でもやっぱり9人のまま。

    

Img_9759

Img_9757

Img_9758    

ベンチ内は和やかです。

   

   

Img_9755

分かるかな・・・・

ピカピカの真新しいシューズです。

これを持って、ギリギリ間に合って、

参加してくれました。これで10人です。

   

   

   

1001024_002 1001024_004 1001024_007 1001024_008 1001024_011 1001024_013 1001024_014 1001024_017 1001024_020

  

   

この日の立教は第1試合の後、2試合間挟んで

次の試合は約3時間後の第4試合でした。

Img_9760 Img_9761 Img_9762

Img_9763

待ち時間長くて、まったりです。

   

     

きっとこの長時間の待ち時間が2試合目に

影響が・・・・・・・

  

   

   

Img_9764

今回、唯一の応援団です。

毎年、何人も来てくれるんですが、今年は寂しかった!

   

やっぱり、楽天同様、強くならないと

応援に来てくれないんでしょうか・・・・・

    

  

         

   

こちらにはあえて結果は書かないことにします。

そのうち、こちら宮立野球部のHPに掲載されると

思います。

   

気になる方はそちらをご覧下さい。

    

         (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

2010年10月アイビー会

10月20日(水)アイビー会がありました。

この日はクリスマス会の案内の封筒詰め作業から開始です。

   

一生懸命作業に没頭していいたので、写真を撮るのを忘れました。

   

一時間ほどで作業終了。

そのままいつものアイビー会へ。

   

     

Img_9726

いきなり、から揚げ写真です。

  

宮城立教会おかかえ調理師さんが

作ってきてくれたから揚げです。

  

会社退職後、専門学校通って見事に調理師免許をとったこのお方。

すでにいろいろな物を作って持って来てくれています。

さすがに、揚げてくれたのは「やぶ信」の大将ですが、

専門学校の師匠の直伝のから揚げ

とってもおいしかったです。

  

   

Img_9724

そして大御所ふたりの間の一升瓶。

先月あった東北地区校友の集い秋田大会のお土産です。

   

日本酒・・・と思ったら大間違い。

一升瓶入りの「じゅんさい」でした。

秋田名産のじゅんさいが一升瓶入りで売られているとは

知りませんでした。

    

Img_9733

こちら(左)が本物の日本酒のお土産です。

秋田銘酒 「刈穂」です。

秋田清酒のお酒です。

こちらの専務さんが立教OBということで校友の集いでは

日本酒の利き酒など用意して下さってました。

この「刈穂」、あっという間に飲み干されてしまって、

遅刻してきた方の口には入らず、

悔しがっていました・・・・

   

 

あとはいつものアイビー会です。

   

あちこちで話が盛り上がってました!

    

Img_9727 Img_9729 Img_9728

        

Img_9730   

   

        (平成の女管理人)

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

2010年10月アイビー随筆

アイビー随筆 「愉快なアメリカ人」 

           37年理学部卒 大内 建二

 先月のこの欄で「幻のハニー」と題して一文を書いた。この時の登場人物トーマス・サリバンは極めて快活で楽しい人物であった。六年間の間、毎年一週間ほど来日して自分の任務を完全にこなしていたが、この一週間、私は毎日彼と行を共にしたので勢い思い出が多い。
 彼は彼の勤務している会社(アメリカの中小企業の中の大手企業)の会長の息子であった。会社や住居のある場所はアメリカ東部のオハイオのメダイナという街で、最寄りの大都市はクリーブランドである。
 ニューヨークにも行ったことがない! 彼にとっては東京はあこがれの大都会なのである。日本への出張は彼の一年の最大の喜びなのだ。 
 彼と行動を共にするようになって間もなくのある夜、彼のあこがれの銀座で二人で夕食をとった。彼は余りアルコールに強くないらしい。
 少し飲んだビールが効いてしまったらしく、帰り道に彼は突然銀座四丁目の車道に飛び出し、ネオン輝く銀座の街に向かって両手を広げ「オー、ギンザ」 と騒ぎだしたのだ。
 私は急ぎ車道に飛び出し彼の腕をとって強引に歩道に引き戻した。
 ある時、新幹線で名古屋の工事現場に二人で出掛けた。この時彼は生まれて初めて「列車」 に乗ったのだ!。都市部に住むアメリカ人以外のほとんどのアメリカ人は一生鉄道に乗る機会はないのだ!
 彼は弾丸列車に興奮し、次々に現れる窓外の景色に興味深々。興奮した声で次々と「あれは何だ?」の質問攻め。こちらはたまったものではない。
 ある時、彼の会社の製品を大量に使っている群馬県の工場に出向いた。途中で昼食をとることになったが国道沿いに適当なレストランが見当たらない。たまたまマクドナルドの店があったので「あそこに入るよ」と言ったら彼曰く、「グレート(凄い)、グレート、グレート。私はハンバーガーが大好きです。日本のハンバーガーが食べられる」と大喜び。
 ところが後が凄かった。テリヤキバーガー4個、ポテト大4個、コーラの大2杯をぺろりと平らげた。〆て2,500円也。桁が違う。
 ある時彼のたっての願いで奥さんのお土産を買う買い物に付き合わされた。彼の奥さん(例の「ヘイ・ユー」奥さん)は前からワニ革のハンドバッグを欲しがっていたそうだ。彼をギンザ三越の隣のビル一階のバッグ専門店に連れて行った。
 彼はそこで店員のいうがままに白のワニ革のハンドバッグを買った(値段は相当に高かった)。帰り道彼曰く「これで一週間は私は我が家の帝王だ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

欽ちゃん球団と対戦!

久しぶりに日本製紙石巻ネタです。

   

    

おもしろいものを見つけました。

     

なんと、あの欽ちゃん球団と日本製紙石巻が

試合することになりました。 

    

    

欽ちゃんの監督最後の年なんですね・・・

知らなかった。

   

欽ちゃんのマイクパフォーマンスは有名ですが、

負けじと木村監督もやってくれないかな・・・・ 

   

    

木村監督はキャラじゃないな・・・・

   

  

ということで、日本製紙石巻のマイクは

なんとあの田尾さんが!

この試合のみ総監督ということです。

    

田尾さんというと初代楽天監督・・・・

なかなか勝ち試合見れなかったな・・・・

   

  

ちょっと不安がよぎりますが、

日本製紙石巻の観戦試合は

全て勝っているので今回も大丈夫!!

   

欽ちゃんには申し訳ないけど、

木村監督の勝利は間違いなし!    

   

とにかく、ちょっとおもしろそうなので、

『日本製紙石巻を応援する会』で

まとめて席を確保することに!

  

ご希望の方はメールでご連絡下さい!

   

もちろん席は日本製紙石巻側で応援だ~

   

        (平成の女管理人)

    

   

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

第7回宮城立教会 ゴルフコンペ

9月23日(祝)に宮城立教会のゴルフコンペが

富谷カントリークラブで行なわれました。

   

今年も雨。

  

2年連続で雨の中でのプレーとなってしまいました。

  

   

Img_9670

Img_9671

Img_9669

本格的な雨模様で皆さんしっかり雨対策です。

   

  

Img_9667_2

雨の中、スタート前に無理やり写真撮影に成功。

   

プレー中の写真は全くナシです。

  

   

午後からは小降りという天気予報も全く当たらず、

一日中雨、それも結構しっかり雨の中のコンペです。

  

雨だから・・・・という言い訳ができて、

良かったという人もいたとかいないとか・・・

   

    

表彰式を待つ皆さんです。

Img_9672 Img_9673 Img_9674 Img_9675 Img_9676  

  

     

表彰式です。

ニアピン・ドラコン・ベスグロは写真が重なってしまうので省略です。

  

比較的、順当な方達だったでしょうか・・・・・?

  

     

そして、優勝者ですが・・・・・・

      

   

賞品を用意した人間が優勝してしまい

かなりのブーイングが出ていましたが・・・・・

まあ、そこらへんもご愛嬌ということで、

無事、賞品を手にしたようです。

     

    

以下、上位から  順位通りです。

Img_9684

Img_9687

Img_9688 Img_9689 Img_9690 Img_9691 Img_9692

Img_9693_2 Img_9694_2 Img_9695_2 Img_9696_2 Img_9697 Img_9698 Img_9699 Img_9700 Img_9701 Img_9702 Img_9703 Img_9704a Img_9705

抜けいている方がいますが、スミマセン。

カメラ撮影に失敗してしまいました。

  

来年は晴れますように・・・・・

         (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »