« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

戸村投手

アイビー会ネタが書けなかったので

ネタを探して来ました!

 

 

久々に楽天戸村投手ネタです。

去年の今頃は22年ぶりの立教、ドラ1で盛り上がっていました。

  

当時のブログからも分かります。

  

その戸村投手がちょっと前にニュースにでていました。

  

2010.12.8(サンスポ)

楽天・戸村、幼なじみと来年1月結婚!

楽天・戸村健次投手(23)が幼なじみの麻美さん(23)=東京・清瀬市の会社員=と来年1月に結婚することが7日、明らかになった。

 2人は保育園からの幼なじみで、戸村が立大3年の冬に交際がスタート。タレントの小倉優子似のルックスと芯の強い性格に惚れたという。

 背番号「22」にちなみ1月22日に入籍予定。プロ1年目の今季は4試合で未勝利に終わった右腕は「大切な人のためにも、今以上に頑張らないといけない」と話した。

  

2010.12.8(日刊スポーツ)

楽天戸村結婚 出会い3歳、大学で再会

楽天戸村健次投手(23)が結婚することが7日、分かった。相手は東京・清瀬市在住の麻美(あさみ)さん(23=会社員)。背番号22にちなみ来年1月22日に婚姻届を提出し、来オフに挙式する。

 8年ぶりに会った「あーちゃん」は、びっくりするほどきれいになっていた。「そこからアタックです」と照れた。最初の出会いは3歳だったために覚えていない。保育園で一緒の彼女は小学入学前に引っ越したが、家族ぐるみの付き合いで中学1年まで、たまに会うこともあった。再会は大学3年。交際が始まった。

 「厳しいことも言ってくれるんです」。付き合い始めてすぐ、立大3年の終わり。野球がうまくいかず愚痴をこぼし「そんなに言うなら、やめれば!? 好きだから、やってるんじゃないの?」と一喝された。「あれで思い改めました」。大学通算10勝のうち7勝を4年で挙げた。プロ入りにつながる叱咤(しった)激励だったのかもしれない。今年6月「幸せにする。結婚しよう」と伝えた。

 現在、実家のある埼玉で自主トレ中。仙台から単身、自家用車で帰郷したが、年が明ければ助手席の麻美さんと仙台に戻る。「一層、気を引き締めないといけませんね」と誓った。ドラフト1位ルーキーの今季は0勝。来季、最初の記念球を渡す相手が決まった。

  

  

戸村投手おめでとうございます。

来シーズンの活躍期待しています!

 

          (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

2010年12月アイビー会

12月15日(水)いつものようにアイビー会がありました。

  

しかし!

   

女管理人が出席できなかったため、

すみませんが写真ナシです。

  

出席した方で文章・写真を提供して下さる方

ご連絡お待ちしております!

   

ぜひ、ご協力願い致します!

         (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

2010年12月アイビー随筆

アイビー随筆 「執筆は辛い」 

            37年理学部卒 大内建二

本の執筆や雑誌の記事を書き始めて早くも10年が経った。定年退職直後のヒョンな機会から執筆が第二の人生の柱になってしまった。執筆した本は単行本や文庫本等20冊を越え、今は丁度ものを書くことの難しさの本質が解りだしてきたところなのだ。
 私の書く本や記事の内容は所謂一般受けするような小説やエッセーとは違い、読者の数も限定されてくる。内容は少年時代から抱き続けてきた趣味の世界で、海事や船舶、航空機に関するノンフィクションものばかりである。しかし少ないといっても読者は意外に多い。既に本の発行部数も20万部を大きく越えた。
 本を書くということは容易なことではないことを今はつくづく思い知らされている。特に私が著わす本の内容は多くの歴史的、科学的な側面を克明に調べる必要があり、調査や資料の入手はことのほか苦労の種になるのである。
 図書館や様々な機関の資料センター通いが続き時には参考文献も購入しなければならない。特に日本には船舶や海事に関わる図書や資料が思いのほか少なく、多くは資料の整った欧米の書籍に頼らざるを得ないのだ。わずかの文章を書くにも一冊の英語の本を読まねばならず、時には購入しなければならない。
 執筆とは調査のためにやたらと時間がかかることを思い知らされている。日本の有名作家の自宅が、家がつぶれるほどの本でうずまっていることがよく理解できる。
 構想をまとめる。資料の調査を始める。時間をかけて原案原稿を書く、ワープロ(私は便利なので未だに原稿の清書は頑固にワープロを使っている)で原稿の清書を行う。添付する
様々な図や表を書く(これが結構大変なのだ)。写真も準備する。出版社に原稿の一切合財を提出する。送られてきた原稿のゲラ刷りをチェックする。後は出版を待つだけである。この間4~6カ月。
 人気小説家はあれだけ多くの本を執筆するのにどれほどの苦労をしているのであろうか。
 昨今は書籍の販売の低迷から出版界にイマイチ元気がない。それだけに印税などはよそ様が考えるほど潤沢ではない。結局は多くの経費を差し引くと収支がトントンというのが現実
である。
 赤字にならない範囲で趣味の世界を楽しんでいると言うのが正直な姿なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

木村監督を囲む会 ・・・ついでに練習見学

今年1年、宮城立教会のごく一部で

勝手に盛り上がらせていただいた日本製紙石巻。

今シーズンも終わったということで

お礼も兼ねて、12月11日(日)に石巻で

日本製紙石巻の木村監督を囲む会を開催しました。

  

   

いち早くその様子を『応援する会』の会長が

宮城立教会石巻支部発・・・ のブログ更新してくれています。

  

(そうそう、知らない内にブログの名前変わっているし・・・)

  

ということで、重ならない写真をのっけます。

 

 

Img_9908

この人数が一台で石巻へ向かったため、

車内は大盛り上がり!

  

 

  

タイトル通り、囲む会の前になぜだか、練習見学です。

せっかく石巻まで行くんだからと

日本製紙石巻のマネージャーさんと色々連絡取り合って

練習見学のOKを取り付けてくれたS会長さん。

(エライ!)

  

  

Img_9910

そのマネと監督さんへ差入れです。

(わざわざ写真撮って・・・なんのアピールでしょう?)

   

  

Img_9913

練習場。選手は練習中。

完全に邪魔しに行ってます!

  

  

Img_9912

試合会場で良く目にする横断幕。

いつも、ここに掲げられているんですね~

  

Img_9928

真剣に木村監督と野球談議するS会長。

 

ヤクルト入りが決まった久古投手に会えるのを

とっても楽しみにしていた女管理人と違います。

(当日朝にいないと知って、ちょっとショックでしたが・・・)

    

    

Img_9932

会長ブログに詳しく載っていますが・・・・  

なぜか選手と一緒にダッシュをする

宮立コミック野球のS。

 

   

Img_9942a

宮立コミック野球の限界です。

   

  

Img_9946

練習最後に木村監督と記念撮影。

とんでもない女管理人はこれを通りすがる

選手に撮らせました。

最後まで邪魔しちゃいました。

   

   

    

ここからは石巻ツアーの写真です。

Img_9947

下った先に何もない階段を下って、上る二人。

何の意味があったのかな・・・・・

  

  

Img_9951

なぜか一方向に目を向ける皆さん。

   

Img_9949

海見てたんですね。

   

   

いよいよ本番の木村監督を囲む会です。   

     

石巻の大もり屋さんで開催です。

Img_9967

こちらのお店も宮城立教会会員のお店です。

 

Img_9955_2   

看板作ってありました!

  

  

  

Img_9957

Img_9956

2階の素敵なお座敷、用意してくれました。

  

宴会の写真は会長ブログにあるので、

こちらはお料理です。 

Img_9962

 

Img_9965

献立表にも「日本製紙石巻を応援する会」の名前が!

 

Img_9964

牡蠣の差入れも大もり屋さんから。

いろいろ、ありがとうございました!

   

  

     

     

石巻にはもう一軒、宮城立教会会員さんが

やっているお店があります。

Img_9974

こちらの「LA LAND」(ラ・ランド)さん。

  

お店がちょうど、忙しいからと会には

出席できなかったのですが・・・

   

 

お店に行ってみようと言うことに。   

 

   

なぜなら、石巻に来た中に二人も

ここの店主を知っているということが

囲む会の最中に発覚。

     

   

Img_9973  

その3人の記念撮影。

学生時代の色々を知っているという3人。

今度ゆっくり3人で会うことを約束していました。

 

秘密の話がありそうです・・・

  

           (平成の女管理人) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

2010宮城立教会クリスマス家族会

ブログへのアップが遅くなりました。12月3日(金)国分町のホテルリッチフィールドにて18:00から2010年宮城立教会クリスマス家族会が行われた。多数の出席者で大いに盛り上がった。立教会のクリスマス会はただのパーティではありません。神父様のお話や聖歌隊の歌もあるきちんとしたクリスマス会なのだ。当日の模様を写真にてお伝えする。まずはご挨拶から。東京から校友会のゲストもご挨拶。  Dh000066Dh000086 Dh000081聖歌隊と神父様もいらした。Dh000072これからは数々のスナップ写真です。参加者の皆様写ってますか?写真はクリックすると拡大します。Dh000001 Dh000008 Dh000012 Dh000012_2 Dh000017 Dh000021 Dh000022 Dh000024 Dh000025 Dh000027 Dh000031 Dh000032 Dh000043 Dh000047 Dh000060 Dh000091最後に幹事の皆様ご苦労様でした。

写真はH・Iさん。ブログはYASでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

中島杯

11月28日(日)富谷パブリックゴルフ場で

とあるコンペが開催されました。

   

  

実は宮城立教会ゴルフ部のいや、宮城立教会のGMの

冠がついたゴルフコンペです。

    

 

GM自ら主催して、あちこちに声をかけて開催です。

色々な会社の方達が参加していました。

 

その中で東京六大学関係で今回は5組も参加です。

  

立教は2組参加でスタートは1番・2番。

早めのスタートです。

  

それぞれ、ストレッチやら、素振りをして準備を整えて、

コースにでてみると、

なにやら、不穏な動きが・・・・・

  

そういえば・・・・・

  

  

5人しかいない・・・・

   

   

そうなんです。一人いないんです。

女管理人とは別組の一人がまだ、来てない。

   

別組の人から「先スタートして」の声。

   

さらに良く聞いてみると、

「電話したら『今、起きた』って」

   

  

おいおい。

   

   

余裕を持ってコースに来たのに、

すぐにスタートしなければならなくなって

ペースを乱されたとスコアを気にする他会員。

  

 

コース回りながら、

「あいつは遅刻してきて優勝とかしちゃうんだよな~」

「絶対、賞品持って帰るもんな~」

とみんなで噂話です。 

  

  

結局、その組は最後に回されて、一時間近く待って、

スタートしたとのこと。

ギリギリ間に合った(?)とか・・・・

Img_9892

途中ですれ違った、その噂の遅刻野郎(!)が

いる組の写真です。

  

この段階で嫌~な予感です。

「ホント優勝しちゃうの・・・・・」

  

   

   

Img_9893

ペースを乱されたお二人です。

   

     

Img_9894

表彰式を待つ面々。

  

  

  

そしてそして

  

  

 

Img_9898

やっぱり優勝の弁でした。

  

          (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

新春の集い 幹事会

11月24日(水)一番町の河童亭で

東京六大学宮城校友の会の幹事会がありました。

   

第10回になる『新春の集い』のための幹事会です。

   

今年の新春の集いの幹事校は明治さんです。

    

以下 実施要綱です。

  

日時 平成23年2月4日(金)

   17:30受付開始   18:00開場 

   18:30開会

会場 パレス平安

会費 6000円

  

   

皆さん、予定しておいて下さい。

   

   

今年は明治大学応援団吹奏楽部OBによる

「東京六大学応援歌・応援曲のメドレー」が

催されるそうです。 

  

毎年各校の校歌・応援歌の斉唱がありますが

今年はその吹奏楽OBの生バンドで

行なうそうです。

   

生バンド斉唱はどんな感じになるのか

今から楽しみです。

    

  

ちなみに第11回は立教会が幹事校になりますので

皆さんご承知おき下さい!

  
 

101124_2039_2

101124_2039001_3

またまた、カメラを忘れて、携帯で撮影です。

この前よりはマシかな・・・・

   

          (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »