« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月19日 (土)

アイビー随筆

福島原発に関する感想

福島第一原発の事故については逐次報道されていますが、いささか(いささか以上)に過剰な反応を国民が持っていることに、むしろ嫌悪感すら感じます。
 日本人は広島と長崎の原爆被害と原子力発電を常に同じレベルで考える、という観念が過去に刷り込まれているための、国民的な原子力アレルギーがあります。
 原子力や放射線について学び、又実社会でそれらに関係する仕事にある程度携わってきた私としては、現在の騒動が実に可笑しく奇妙にすら感じられます。
 もちろん専門的知識があっての批評ですが、政府は今回の原発の事故の姿について、もっとより正しく適切に報道する必要があります。
 マイクロシーベルト単位の放射線量に過敏な反応を示し、今にも周辺人間が汚染されるのではないかと思わせる報道や、説明は「全く噴飯ものです」。多大な迷惑を被っているのは被災地域に指定された地域に住まう住人です。彼らをさも放射線に汚された人間、或いはその地域と思いこむことに対し、政府は最大の努力でその風評を打ち消さねばなりません。もちろんこの際放射線に関する国民への知識のレベルアップ、分別がわきまえられるような説明は国としての必須の作業です。直ちに開始すべきでしょう。何も知識を持たない官房長官が及び腰で解説、説明を行えば国民は動揺するばかりでしょう。本当に憤りを感じます。
 現在観測されている放射線量は「全く心配はありません」。心配な値になるのはチェルノブイリ原発級の事故が発生した場合です。第一原発で連鎖的に発生している放射能漏れ事故は、地震のために原子炉が自動停止に入った後に起きているもので、最悪の大規模原
子炉破壊の心配は理論上あり得ません!
  気付き迄。
                  大内建二 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

「無事」情報

少しづつ、無事ですとの連絡が入ってきています。

連絡があった方のお名前を載せていきたいと思います。

   

(五十音順・敬称略)

 

飯田賢一

石黒元

一迫悦子

稲葉貴寛

岩崎一夫

岩崎久勝

上田透

梅村晋一

大内かおり

大内建二

大内道隆

大森信治郎(石巻)

岡修一郎

勝又至子

菊田貞吾(石巻)

菊地信夫

菊地マサ子

菊地真理雄

木下美樹

木村泰雄(石巻)

齋藤真三

坂田博英

佐久間正光

佐久間真由美

佐藤幸恵

佐々木淳吾

佐々木茉莉

佐野康幸

嶋田隆

清水雄輝

庄司治仁

進藤秀樹

鈴木健彦

千葉悦子(気仙沼)

帖佐礼子

杼窪昌之

豊嶋正暁

中島俊和

橋本朱美

羽馬廣行

早坂務

平野智也

穂積純子

村井浩二

村上睦夫(仙南)

安室一雄

山口祐美

横山洋平

吉野重男

渡辺孝男

和田健志

和中健

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

アイビー会中止のお知らせ

平成元年から始まったアイビー会。

  

そこから20年以上、一度も休むことなく続けてきた

アイビー会ですが

 

残念ながら今月は中止しなければ

ならないことになりました。

  

まだまだ、ライフライン全部がダメ

という方が多いことと思います。

  

それに、この混乱。

 

当分続きそうで、長期戦を覚悟しなければ

ならないかもしれません。

   

皆さん、頑張っていきましょう。

  

   

    (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

東日本大地震

まさか、交響楽団の本番を更新した後に

こんな地震がやってくるとは・・・・・

  

先ほど、電気が通じて、ネットを立ち上げることが

できました。

 

仙台駅から徒歩圏内にすむ、平成の女管理人の

被害は軽度でした。

 

初めてのローソク生活でしたが、結局一晩だけで

済みました。

  

さっきから、テレビで流れる映像を見て

ショックを受けています。

 

今までラジオしか聞けなかったので・・・

  

 

自分が知っている風景があまりにも変わってしまっています。

  

  

宮城立教会の他の皆さん方は無事でしょうか?

心配です。

  

特に沿岸の街に住んでいる方が本当に心配です。 

  

   

  

本当は11日のブログに

オープン戦で良いピッチングをした

戸村投手の活躍ネタを書こうと思っていたのに・・・・

   

        (平成の女管理人)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

立教大学交響楽団仙台演奏会 本番

2月23日(水) 仙台市青年文化センター 

PM6:30開場しました。

  

   

どのぐらいの方に集まってもらえるか

本当に分からずに、ずっとこの時まで

ドキドキのしっぱなしでした。

  

  

満員には至りませんでしたが、

500名を越す、皆さまに来場して頂きました。

     

いよいよ演奏会です。

   

Img_3261

仙台出身の学生の指揮による、

立教大学校歌からでした。

  

  

  

A55

いよいよ指揮者、茂木大輔氏登場です。

 

   

まずは、チャイコフスキー「くるみ割り人形」です。

 

A68

A69   

A70

  

続いて、シューベルト「ザ・グレート」

   

Img_3308

Img_3310

Img_3353

   

   

   

Photo 

 

B2

 

A93

 

A95

   

   

   

A98   

演奏会終了後、茂木大輔氏の販売&サイン会。

一時間にも及ぶ長い楽曲の指揮の後に

お疲れにもかかわらず

気さくにお話しながらサインを下さる茂木氏。

行列できていました!

    

  

   

演奏会報告の最後にこの場をお借りして

      

来場して下さった皆さまはじめ、

ご協力いただいた関係者の皆さま

本当にありがとうございました。

   

無事、演奏会開催できました。

   

             (平成の女管理人)

   

   

   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

戸村投手!

新婚さんの戸村投手。

今年はきっと活躍してくれるでしょう。

 

期待持てるニュースがちらほら出ています。

注目です!

         (平成の女管理人)

戸村攻めた5K、開幕ローテ入り猛アピール…楽天

◆アジア・スプリング・ベースボール サムスン1―1楽天(22日・赤間) 楽天は22日、沖縄・恩納村の赤間ボールパークで韓国・サムスンと練習試合を行い、引き分けた。2番手・戸村健次投手(23)が3回を1失点、MAX147キロをマークし、開幕ローテ入りに猛アピールした。

 弱気の虫はどこにもなかった。2年目の戸村が打者の懐を果敢に攻めた。「インコースをいかないとアピールできない。当ててもいい。投げきれない投手だと思われたくなかった」。

 4回から2番手で登板し、4番の崔炯宇(チェ・ヒョンウ)にテスト中のチェンジアップを右翼席に運ばれたが、許した安打はその1本だけ。MAX147キロの直球とキレのあるスライダー、フォークで、サムスン打線を封じ込めた。

 一昨年のドラフト1位入団。ルーキーイヤーの昨年は能力の高さを評価されながら、スタミナ不足を露呈し、1軍は4試合だけに終わった。オフの下半身強化で体重は7キロ増の83キロまでアップ。佐藤投手コーチは「ボールは強いし、スライダーの曲がりも(昨年より)速く小さくなった」と成長を認めた。

 キレのある直球で内外角を投げ分け、得意のスライダーを交え5奪三振。星野仙一監督(64)は「真っすぐでもう少しいっても良かった」と話しながらも若武者の熱投に目を細めた。「できれば先発でやりたい」。先発ローテ入りへ。見事なアピールとなった。 Tomura

(2月23日スポーツ報知)

 

楽天・戸村、仙さん直伝!ケンカ投法!

燃える男のオーラを右腕にまとった。六回二死、元韓国代表の朴漢伊(パク・ハンイ)を外角スライダーで投ゴロに抑えた戸村が、納得の笑みを浮かべてマウンドを駆け下りた。

 「直球も強い球が投げられました。スライダーとフォークもまずまずだったし、しっかり投げられてよかったです」

 2番手で四回から登板。二死無走者から4番・崔炯宇(チェ・ヒョンウ)に高めに抜けたチェンジアップを右翼席に運ばれたが、パワフルな韓国人打者たちの内角を147キロ直球でえぐり、腰を引かせた。3回1安打5奪三振の熱投に「(内角へ)いかないと使わない投手と思われますから。首脳陣へのアピールにもなります」と不敵な笑みだ。

 快速球とスライダーを武器に立大からドラフト1位で入団。ルーキーイヤーの昨季は4試合に登板したが0勝1敗&防御率7・27に終わった。2年目でのブレークを狙うために取り入れたのが闘将流“ケンカ投法”だ。

 「内角はぶつけるくらい攻めろ」-。現役時代に146勝をあげた星野監督の教えを今春キャンプから実践。昨オフのトレーニングと食事で7キロ増量し83キロとパワーアップした肉体から内角球をたたき込んだ。

 いつもは辛口の星野監督も「もう少し直球をいかなアカンが、よかったんじゃないか」と及第点を与えた。たくましく成長した教え子へ、指揮官が免許皆伝を与える日も、そう遠くない。(山田利智)

Bsh1102230505001p1(2月23日サンスポ)

戸村、先発残り1枠奪う!10日最終テスト登板…楽天

楽天・戸村健次投手(23)が、先発ローテ入りを目指して10日のオリックス戦(京セラD)に先発することが決まった。当初は8日の広島戦に2番手で登板する予定で、7日は広島・マツダスタジアムで練習したが、先発に“昇格”した格好だ。2年目の注目株が、最終テストに全てをぶつける。

 端正な顔立ちで一見クールな戸村が、意外にも強い口調で、みなぎる決意を語った。「先発をやりたいんです」。この日の練習では、遠投とポール間ダッシュなどの軽めの調整。気持ちは既に、先発テストとなる10日に向かっていた。

 当初は8日の広島戦に、先発ラズナーの後の2番手として登板予定だったが、7日までに変更され、10日のオリックス戦での先発が決まった。佐藤投手コーチは「戸村? もう一回チャンスを与えないとな。先発? そうだよ」と、明言。オープン戦の残り試合を考えれば、文字通り先発ローテ入りに向けた最終テストとなる。

 楽天の先発ローテは田中、岩隈、永井の3本柱が当確。さらにラズナー、青山も好調で、戸村が入るためには最後の1枠に滑り込むしかない。2月27日の日本ハム戦では5回から2番手で登板し、2イニングを1安打無失点とアピールしていた。

 統一球の導入が追い風になっている。得意とするスライダーはキレを増した。さらに岩隈からシュートの握りを教わり、「ブルペンで良かったら投げてみようと思います」。球種を増やそうと意欲満々だ。

 「開幕までは先発を目指してやる。始まって中継ぎになったら、そこで頑張るしかない」と話していた戸村だが、「(先発の)まっさらなマウンドは最高ですよ」とキッパリ。09年のドラフト1位右腕のプライドを懸けて、残り1枠を実力で奪う。

(3月8日スポーツ報知)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

立教大学交響楽団仙台演奏会 直前

2月23日(水)仙台市青年文化センター

 

いよいよ、演奏会まで秒読みです。

   

  

C01

ロビーで最終打合せです。

 

Img_0153

イベントのプロの実務総括から

細かい指示が。

   

しかし、担当は素人ばかり。

心配だっただろうな・・・・・。さすがのプロも。

   

    

一方、楽屋では

A51

A52

A54

意外にも、余裕な感じです。

   

  

Img_0155

ステージ袖でも、緊張しているかと思いきや、

   

Img_0157

笑顔でした。

   

  

A53   

いよいよ開場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

当日リハーサル

23日(水)PM6:30~開演にもかかわらず、

朝の10時ぐらいから、すでに、練習のために

バラバラと学生が集まりだしていました。

   

Img_3225

Img_3228

Img_3232

Img_3238

Img_3247

Img_3249

C02

C04

A50

  

   

  

Img_3218

全体練習開始です。

A47

A48

 

    

D04_2

演奏会本番前に

学生&オケOB&宮城立教会

全員集合して、記念撮影しました。

  

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

学生との交流写真 その3

A29

A30

A31

A32

A33

A34

A35_2

A41

A44

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

学生との交流写真 その2

さらに続けて交流写真です。

     

Img_0132

この写真だけはなぜか明治の記念写真です。

(左男性以外、全員明治・・・・)

    

Img_0137

Img_0138

Img_0139

Img_0140

Img_0141

Img_0142

Img_0143

Img_0144

Img_0145

Img_0149

Img_0150

Img_0151

Img_0152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

学生との交流写真 その1

学生と宮城立教会会員との写真を

一挙に載せます。

  

オジサマ達の嬉しそうな顔に注目です!

Cimg0154_3

Cimg0159

Cimg0160

Cimg0161

Cimg0209

Cimg0211

Cimg0212

Img_0123  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

立教大学交響楽団を迎えての懇親会

2月22日(火)ホテルリッチフィールドにて

学生を迎えての懇親会が開催されました。

     

 

この日の司会はTBCアナの佐々木淳吾氏。

Cimg0235

宮城立教会ではお馴染みの佐々木アナ。

軽い自己紹介で学生からどよめきが!

 

テレビに出ている人が司会ってやっぱり

東京の人達には新鮮なのかもしれません。

  

懇談時間中には女子学生から囲まれていました。

    

  

 

Cimg0238

宮城立教会会長の歓迎の挨拶。

   

  

Cimg0244

続いて、立教大学交響楽団OB会会長のご挨拶。

   

 

Cimg0246

後ろの学生の数、すごいですね~

  

Cimg0182

Cimg0183 

Img_0151   

Img_0135  

Img_0136

Img_0122

A13

  

     

A20

交響楽団の仙台演奏会実行委員長。

長い期間、色々、頑張ってくれました!

 

  

Cimg0261

こちらは指揮者の茂木大輔先生。

話題になったドラマ「のだめカンタービレ」の

音楽監修をやった方で、その世界では有名なお方です。

ご挨拶いただきました。

  

 

Cimg0264

さすが、学生から囲まれていました!

  

  

Cimg0270

実務担当総括。こちらイベントのプロ。

通算5~600のイベントに携わってきたとか。

この方なくして、今回の演奏会の実現は

あり得なかった・・・・・です。

   

     

Cimg0260

昔の写真を取り出して、懐かしんでいるのかな~

右男性、宮城立教会、左男性、東京オケOBです。  

  

  

Cimg0222

最近、評判の良い、エール担当。

意外にも学生は応援歌は知らないようでした。

   

Cimg0230

中締めはやはり宮城立教会副会長にして

今回の仙台演奏会実行委員長でした。

  

   (平成の女管理人) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

交響楽団前日リハーサル

2月22日(火) コンサート本番を明日に控えた

前日に100名近くの学生が東京から

仙台へやってきました。

   

到着後ホテル経由でコンサートホールのある

青年文化センターへ。

この引率を東京から仙台演奏会実行委員長

(もちろん学生)が一人でやってくれました。

  

大変だったらしい・・・・

何回か爆発していたと本人が言っていましたから・・・

  

確かに青年文化センターでずらずらやって来る

100人を見て、こりゃ~大変だわ・・・・と感じました。

   

仙台市の青年文化センターは時間にはホントに

厳しく、練習のために借りた1時ジャストにならないと

鍵は貸してくれません。

   

100人が青年文化センターロビーに溜まりだしたころ

1時になり、急いで開場。

   

あわせて、白百合学園&泉館山高校から

借りたオオモノ楽器が到着。

最初から、なんだか、ドタバタ。

   

ここらへん、余裕を持たせて時間配分したつもりが、

やっぱりやってみないと分かりませんね~

  

それに恐れていたハプニングも

やっぱりありました。

     

借りる予定になっていた、楽器が一個足りない!

という事実が判明。

   

こちらはいろいろな方のご協力で

他から借りることができて、なんとか一安心。

  

最後まで無事に終わりますようにと

この段階から神頼み~

    

  

  

舞台設置などはいつもの事らしく、あっという間に

終わってしまったようです。

私は楽屋準備をしていて、舞台準備は

知らない間に終わってました。

   

  

Img_0116

全体練習前に各自で練習のためか、舞台に

集まりだしていました。

Img_0117

Img_0118

Img_0113

全体の感じはこんなんです。 

  

   

   

Img_0115

コンマスと東京責任者が横から

厳しくチェックしていました。

写真がぶれちゃっていますが・・・・

  

Img_0114  

写真班なのか、一生懸命撮影していました。

何人か担当がいるようです。

   

  

Img_0119

楽屋ではケータリング担当と学生と記念撮影。

(無理にお願いしました!)

  

学生さんは2曲中、1曲しか演奏しない人もいて

その練習時間中、のんびりしている子もいます。

そんな学生にお菓子やらお茶やらを

振舞ってもらいました。

   

Img_0120   

舞台では茂木先生を迎えての

全体練習が始まっていました。

  

立教のオケ。

実は初めてですが、なかなかの迫力です。

 

ダラダラ、センターに入ってきた、

さっきの姿とはうって変わって

真摯な姿で一生懸命演奏しているのが

伝わってきました。

  

この日の夜、「ようこそ仙台へ」の懇親会です。  

        (平成の女管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »