« 「無事」情報 | トップページ | 特別アイビー会 »

2011年3月19日 (土)

アイビー随筆

福島原発に関する感想

福島第一原発の事故については逐次報道されていますが、いささか(いささか以上)に過剰な反応を国民が持っていることに、むしろ嫌悪感すら感じます。
 日本人は広島と長崎の原爆被害と原子力発電を常に同じレベルで考える、という観念が過去に刷り込まれているための、国民的な原子力アレルギーがあります。
 原子力や放射線について学び、又実社会でそれらに関係する仕事にある程度携わってきた私としては、現在の騒動が実に可笑しく奇妙にすら感じられます。
 もちろん専門的知識があっての批評ですが、政府は今回の原発の事故の姿について、もっとより正しく適切に報道する必要があります。
 マイクロシーベルト単位の放射線量に過敏な反応を示し、今にも周辺人間が汚染されるのではないかと思わせる報道や、説明は「全く噴飯ものです」。多大な迷惑を被っているのは被災地域に指定された地域に住まう住人です。彼らをさも放射線に汚された人間、或いはその地域と思いこむことに対し、政府は最大の努力でその風評を打ち消さねばなりません。もちろんこの際放射線に関する国民への知識のレベルアップ、分別がわきまえられるような説明は国としての必須の作業です。直ちに開始すべきでしょう。何も知識を持たない官房長官が及び腰で解説、説明を行えば国民は動揺するばかりでしょう。本当に憤りを感じます。
 現在観測されている放射線量は「全く心配はありません」。心配な値になるのはチェルノブイリ原発級の事故が発生した場合です。第一原発で連鎖的に発生している放射能漏れ事故は、地震のために原子炉が自動停止に入った後に起きているもので、最悪の大規模原
子炉破壊の心配は理論上あり得ません!
  気付き迄。
                  大内建二 

|

« 「無事」情報 | トップページ | 特別アイビー会 »

アイビー随筆」カテゴリの記事

コメント

大内先輩の随筆の趣旨から脱線する書込み、お許し下さい。

1.昔、立教大学にも、横須賀(?)に米国聖公会から送られた原子力研究所があったと記憶していますが、今はどうなったのか気になります。

2.私が立教大学在学中(1973~1977)に、学費値上げ闘争が2度もあり、文系学部は文学部を除き学費を値上げしなくてもトントンでやっていけるが、理学部には原子力研究所等があり、それが赤字の元凶だという風評(本当か否かは不問)を覚えている同窓生は果して何人いるか気になります。

3.在学中、入試のバイトで、当時、原子力船「むつ」(?)の問題で活躍された理学部の田島教授とご一緒した事があります。

投稿: 中年カメラ小僧 | 2011年3月19日 (土) 16時42分

追記:田島教授のフルネーム=田島英三でした。

投稿: 中年カメラ小僧 | 2011年3月20日 (日) 03時40分

大震災時、不謹慎な書込みで恐縮ですが、もし、時間的に余裕があれば、インターネット検索で「田島英三」教授の事を、是非お調べ下さい。

文系学部に比べ、理学部は学生数が少なく、使用する校舎も殆ど4号館で目立たず、地味(=滋味)なイメージを抱いていました。

岩波新書「零の発見」の著者=吉田洋一教授等数学科には有名な教授が数名いると、当時思っていましたが、他学科にも素晴しい教授に恵まれていたと再発見出来ます。

是非、検索を!

投稿: 中年カメラ小僧 | 2011年3月21日 (月) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510903/51160670

この記事へのトラックバック一覧です: アイビー随筆:

« 「無事」情報 | トップページ | 特別アイビー会 »