« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月18日 (月)

第11回東京六大学OB・OG対抗ゴルフ大会

6月3日に泉パークタウンゴルフ倶楽部にて

第11回東京六大学OB・OG対抗ゴルフ大会が

開催されました。

 

昨年の同大会では最下位に甘んじた立教です。

 

リベンジをかけた今大会だったのですが・・・・

  

  

  

Img_3405

Img_3406

Img_3408

Img_3409

Img_3410

Img_3411

Img_3412 Img_3413

来年頑張りましょう!

        (平成女の管理人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

日本製紙石巻VS楽天2軍

日本製紙石巻を応援する会の会長より

5月24日(木)に仙台で楽天2軍との

練習試合があるとの連絡が入り

行ってきました。

 

場所は泉の楽天の練習場です。

 

Img_3348

2軍とはいえ、ちらほら知った顔がありました。

 

Img_3352

楽天の沖原コーチが挨拶してくれました。

楽天の試合で良く見ていた人がすでにコーチ。

年月を感じます。

Img_3354

いつもの試合前の円陣。

Img_3351

日本製紙石巻側のビデオです。

 

 

Img_3357

応援団。

立教以外にも輪が広がっています。 

Img_3363

去年に続き、今年も勝利。

ここの球場は相性がいいのかな!?

たくさん、点数取ってくれて

とても楽しい観戦でした。

 

 

Img_3364

試合直後、いつもの感じで呼び出して

木村監督とご挨拶。

 

いつもお付き合いありがとうございます!

  

    

Img_3365Img_3368

応援団がそれぞれ、意中の選手とお話してました。

 

 

Img_3366

慶應の記念撮影。

 

Img_3367

早稲田の記念撮影。

立教出身者も入ってくれないかな・・・・

            (平成の女管理人)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

2012年6月アイビー随筆

アイビー随筆 「イギリス料理」

                          37年理学部卒 大内 建二

 食べることが好きなので先月に続き再び食べ物随筆を書く。「イギリス料理は不味い」とはしばしば聞かれる言葉。しかし本当のところが知りたくて、以前都内のイギリス家庭料理専門のレストランを探して行ったことがある。場所は東急東横線の中目黒駅のすぐそば。
 中年のイギリス人夫婦と一人のコックが切り盛りしている小じんまりした店。接客は奥さんが行い日本人には片言の日本語で応対している。
 メニューはその日に出来る料理をインクで手書きしたも4~5品。私が家内と行った時に注文した料理は、これぞイギリス料理の代表と言われている「キドニ―パイ」、「ウズラのあぶり焼き」そして「フィッシュ&チップス」。
 キドニ―パイは羊の腎臓をすり潰しパイ生地でくるんで焼いたもの。イギリスを代表するファストフードのフィッシュ&チップスとは、タラのフライと日本で言うところのフレンチフライドポテト。
 キドニ―パイは強烈な臭みと味で途中でギブアップ。イギリス人は何故こんな物凄い料理を食べるのだろう。ウズラのあぶり焼きは聞こえはいいが、ただでさえ小型のウズラの肉は「これでもか」と思うほどに焙られ、味もそっけもない。イギリス人自慢のフィッシュ&チップスはこれまた何の味付いていない。自分でテーブル上の塩やビネガーを振り掛けて食べるのだ!
 食事の代金は味とは反比例に高額であった。
 かつてフランスの美食家がイギリス料理を例えて、「彼の国のコックは調理方法を悪魔に仕込まれた」と表現したそうである。まさに同感。
 このレストランの名前はあえて書かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »