« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

2017年3月 9日 (木)

2017年3月アイビー随筆

アイビー随筆3月号

 アイビー随筆「大沼旅館」

              37年理学部卒  大内 建二

 

 皆さんご存知の東鳴子の大沼旅館。経営者はアイビー会メンバー。ここの主人が立教のOBであることを知ったのはアイビー会の会話の中であった。

 実は今から45年前に私は古い大沼旅館に偶然にも宿泊したことがある。当時私は東京に住んでいたが、所用で家族三名(娘3歳)でこの旅館に宿泊した。

 鳴子温泉はどこも宿泊料金が高いので、少し離れた東鳴子の温泉に泊まろうと、時刻表の裏にある全国の旅館一覧を見て“何となく”「大沼旅館」に決めたのだ。

 電話で予約しようとしたら電話口に出た女性(現在の大女将らしい)が、「ハタゴですかトウジですか?」と聞いてきた。「ハッ?」と言ったら、ハタゴは宿泊の事だそうだ。この旅館、当時は半分は湯治客専用の旅館であったのだ。

 当日陸羽東線の東鳴子駅で下車(現在は「鳴子御殿湯駅」と改称。無人駅)、北に少し歩いたら古めかしい縦長の看板に大きく「大沼旅館」と書いてあった。鄙びた旅館の入口はハタゴ客と湯治客と別れていた。食事に何が出て、どんなお湯であったかは全く覚えていない。

 仙台に戻ってきてから2年後(平成13年)に20数年ぶりに大沼旅館に行った。立派な外観に変貌していた。ジープで送り迎えする数寄屋風の見事な露天風呂に驚いた。

 この旅館には「弁天の湯」という大きな今では珍しい混浴の内湯の大浴場があるが、ここに入ったら大勢の先客がいた。女子高校生の一団である! 大騒ぎをしていたが、私が入っていった途端にみんなお湯に飛び込み、「シーン」となった。「混浴のはずだが何か悪いことをしたかな?」と思いながら温まり出てきてロビーで休んでいたら、彼女らがドヤドヤと出てきて「先生!変なオジサンが入ってきた!!」。冗談ではない。私は変態ではない! と言いたかったが、そばにいた中年の男性が彼女等に「ここは混浴だよ」。

彼女らは今は白石高校と合併した当時の白石女子高のバレー部の生徒たちであった。その男性は顧問の先生で、さすがに一緒には入れなかったのだ。うらやましそうな目で私を睨んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ