« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

2017年3月アイビー会

3月15日アイビー会が開催されました。

 

その前に開催された平成会で

「今度のアイビー会に参加します!」

と宣言してくれた平成女子がいたので

しっかり写真撮りました!

 

皆さんなんだか嬉しそう!?

 

 

P_20170315_203656

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

立教平成会

3月9日キャンティ・ボーノで平成会が開催されました。
入れ替わりの激しい、平成会です。
 
今回も初参加が半分以上。
 
そして、今回はなんと平成元年卒から
平成28年卒まで参加してくれました。
 
親子ほど違う年齢差をはねのけ、
やっぱり盛り上がりました。
 
キャンティ・ボーノは立教の先輩のお店ですが、
大騒ぎして他のお客様へ迷惑かかってしまって
いつも申し訳ない・・・・です。
 
 
そして、案の定、写真撮るの
すっかり忘れてしまいました。
 
 
 
ということで写真がないので楽天ネタを
入れておきます!
 
 
【河北新報2017年03月15日】

 

<楽天>戸村と田中の立大コンビ存在アピール

東北楽天―広島 2番手で登板し2回を無得点に抑えた戸村

 立大の先輩、後輩で、共に前日に1軍合流した戸村健次と田中和基がそろって好結果を残した。戸村が2番手で2回無失点と好投すれば、9番右翼で先発した新人の田中はオープン戦初安打で存在をアピールした。
 戸村は六回を三者凡退、安打と四球で1死一、二塁に陥った七回も後続を断った。昨夏に右肘手術を受けた後の1軍初登板を終え、「七回はちょっと不安定だったが、この時期に1軍で投げられたのが良かった」と安心した表情を見せた。
 田中は三回に先発野村から中前打。「戸村さんは日頃から全力で野球に打ち込んでいる。自分も頑張ろうと思って結果を出せた」と1軍初共演を喜んだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

野球部の決起大会

3月4日(土) 居酒屋リトライで

野球部の決起大会が開催されました。

 

今年度から早稲田・明治・法政の3チームが

加入している草野球のリーグ戦に

参加表明した我が宮城立教会野球部。

 

宮城St. Paul's Club の名称で参加します。

 

メンバーは随時募集中です。

 

P_20170304_203721

P_20170304_205030


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

2017年3月アイビー随筆

アイビー随筆3月号

 アイビー随筆「大沼旅館」

              37年理学部卒  大内 建二

 

 皆さんご存知の東鳴子の大沼旅館。経営者はアイビー会メンバー。ここの主人が立教のOBであることを知ったのはアイビー会の会話の中であった。

 実は今から45年前に私は古い大沼旅館に偶然にも宿泊したことがある。当時私は東京に住んでいたが、所用で家族三名(娘3歳)でこの旅館に宿泊した。

 鳴子温泉はどこも宿泊料金が高いので、少し離れた東鳴子の温泉に泊まろうと、時刻表の裏にある全国の旅館一覧を見て“何となく”「大沼旅館」に決めたのだ。

 電話で予約しようとしたら電話口に出た女性(現在の大女将らしい)が、「ハタゴですかトウジですか?」と聞いてきた。「ハッ?」と言ったら、ハタゴは宿泊の事だそうだ。この旅館、当時は半分は湯治客専用の旅館であったのだ。

 当日陸羽東線の東鳴子駅で下車(現在は「鳴子御殿湯駅」と改称。無人駅)、北に少し歩いたら古めかしい縦長の看板に大きく「大沼旅館」と書いてあった。鄙びた旅館の入口はハタゴ客と湯治客と別れていた。食事に何が出て、どんなお湯であったかは全く覚えていない。

 仙台に戻ってきてから2年後(平成13年)に20数年ぶりに大沼旅館に行った。立派な外観に変貌していた。ジープで送り迎えする数寄屋風の見事な露天風呂に驚いた。

 この旅館には「弁天の湯」という大きな今では珍しい混浴の内湯の大浴場があるが、ここに入ったら大勢の先客がいた。女子高校生の一団である! 大騒ぎをしていたが、私が入っていった途端にみんなお湯に飛び込み、「シーン」となった。「混浴のはずだが何か悪いことをしたかな?」と思いながら温まり出てきてロビーで休んでいたら、彼女らがドヤドヤと出てきて「先生!変なオジサンが入ってきた!!」。冗談ではない。私は変態ではない! と言いたかったが、そばにいた中年の男性が彼女等に「ここは混浴だよ」。

彼女らは今は白石高校と合併した当時の白石女子高のバレー部の生徒たちであった。その男性は顧問の先生で、さすがに一緒には入れなかったのだ。うらやましそうな目で私を睨んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »