« 立教平成会 佐勘宿泊宴会 | トップページ | 第8回東京六大学平成会ゴルフコンペ »

2018年5月 1日 (火)

2018年5月アイビー随筆

アイビー随筆 5月号

 アイビー随筆「富士山」

            37年理学部卒 大内 建二

 日本には北から南まで実にたくさんの「富士」と名の付く山が存在する。最北の富士山は「利尻富士」である。利尻島の海抜ゼロからそびえたつ標高千八百メートルの利尻岳は正に絵にかいたような富士山の姿をしている。道南の羊蹄山は「蝦夷富士」と呼ばれる。これも見事な富士山である。広大な周辺一帯は北海道でも指折りのジャガイモの産地だが、その一角に「細川たかしの生家」と看板を掲げた小さな家が残されているのがご愛嬌。最南端の富士山は鹿児島県の薩摩半島の南端にある開聞岳「薩摩富士」である。

 東北にも沢山の富士山がある。青森県の岩木山は「津軽富士」、りんごの花が咲く頃にリンゴ畑の後方に聳える残雪の岩木山は見事な富士山である。岩手県の岩手山は「南部富士」、盛岡市のすぐ北に聳える標高2038メートルの「南部富士」は正に盛岡市の守り神のようである。秋田県と山形県の県境に聳える鳥海山は「出羽富」。近年有名になった映画「おくりびと」の最初のシーンに見事な鳥海山が映し出されている。福島県の会津磐梯山は「会津富士」。猪苗代湖の北に聳える磐梯山は富士山というよりエジプトの「クフ王のピラミッド」のような豪快な姿である。

ところで宮城県の富士山は?。ありますよ。標高は低いが「加美富士」と呼ばれる薬莱山(ヤクライサン)。一見お饅頭のような山だが富士山に見えなくもない?

ところで仙台市にも富士山があることをご存知だろうか。仙台の西に聳える標高320メートルのピラミッドのような太白山は仙台のシンボルでもある(仙台市内からは先っぽがチョコンと見えるだけだが)。この太白山は別名「名取富士」と呼ばれているのだ。この文章を書くまで私はこの呼び名を知らなかった。確かに新幹線が名取市内を通過するとき太白山の全景が見えるが、「チョコン」が美しい見事な富士山に変身する。

|

« 立教平成会 佐勘宿泊宴会 | トップページ | 第8回東京六大学平成会ゴルフコンペ »

アイビー随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510903/66667404

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年5月アイビー随筆:

« 立教平成会 佐勘宿泊宴会 | トップページ | 第8回東京六大学平成会ゴルフコンペ »