« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月 7日 (火)

2019年5月アイビー随筆

アイビー随筆5月号
 アイビー随筆「ステラポラリス」
             37年 理学部卒 大内 建二
 毎年5月になると一つの絶景の記憶が蘇る。快晴の駿河湾越しに望まれる白雪をいただいた富士山を背景に、伊豆の西海岸の木負(キショウ)海岸に停泊する純白の大型ホテルシップ「スカンジナビア」号である。
 この船は1927年にスエーデンで建造されたクルーズ専用船「ステラ・ポラリス(北極星)」である。クルーズという最高級の娯楽がヨーロッパやアメリカの王侯貴族や富豪の娯楽としてはやり出した当時、彼らのために特別に建造された最高級のクルーズ専用船であったのだ。
 1969年に西武鉄道グループの(株)コクドが伊豆観光の目玉施設として老朽化した本船を買い取り、木負海岸に着岸させホテルシップとしての営業を開始したのであった。以来ホテルシップ「スカンジナビア号」と名前を変えたこの船は大人気となり、(株)コクドの夢は適えられたのであった。
 総トン数5101トンのこの純白の船は古今世界の名船の中でもトップクラスの有名な船で、旅客は全てヨーロッパ王室の人々やヨーロッパやアメリカの富豪や名優達であった。
 船内の公室も船室も贅をつくした北欧風のデザインの仕上がりで、船内に入っただけでも最高級のホテルに入った感じがするのであった。船首側に位置するラウンジは木目のモザイク加工の磨き上げられた壁に覆われ、深々とした絨毯の上には、スエーデン色というべきライトブルーの生地の肘掛椅子やソファーが並ぶ。それに続くメインエントランスの壁の全面は「木目込み細工」の芸術品のような仕上がりとなっている。
 その隣のスモーキングルームも重厚で上品な雰囲気で、周囲の厚手のガラスの全てには北欧を代表する悲劇の物語「ペールギュント」を題材にしたエッチングが施されている。
 この船の広いダイニングルームは宿泊客のレストランであると同時に、昼は本場のバイキング料理(スモーガスボード)を提供するレストランとして観光客達の人気の的であった。私もかつて仕事上や私的で数回このレストランを訪れた。本場のスモーガスボード料理は素晴らしい味である。そんじょそこらの高級バイキング料理と比べても雲泥の差があった。私が座る席やテーブルには、かつてどのような王侯貴族や富豪が着席したのかと思うと、感慨深いものがあった。
 この船は保存記念船としてスエーデンに再び買い取られ故国に向かう途中、1992年に紀伊半島沖で荒天のために漏水が激しく沈没した。「浮かぶ世界遺産」とでもいうべき船であった。船好きの私には忘れられない船である。

| | コメント (1)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »