« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月 1日 (月)

2019年7月アイビー随筆

アイビー随筆「山岳展望」

            37年 理学部卒 大内 建二

 今年の10連休の最中の5月4日、無風のあまりの上天気に誘われ、大好きな飛行機でも見に行こうかと思い、長町駅から仙台空港駅まで電車で出かけた。20分弱で仙台空港駅に着いて驚いた。

32年ぶりに訪れた仙台空港は大変化。当時は仙台市内からバスで仙台空港まで行かなければならなかったが、今は改札を出ると何とすぐ目の前がチェックインカウンター。日本中で最も便利な空港だ。

 幾つもの売店やレストランの賑わいにひと驚き。エレベーターで屋上展望デッキに出て驚いた。飛行機を見るどころではなかった。快晴の何処までも澄み渡る穏やかな空の下、遥か北には何と雪を被った栗駒山が見えるではないか。そして七ツ森の独特の山塊の左に泉ヶ岳、その左に雪を頂いた船形山の雄姿。そしてそれに続き大東岳に面白山、更に山形神室岳から雁戸山の連なり、そして雪を頂いた蔵王連峰の雄姿、目を左に移すと驚いた。遥か先には福島県の名峰吾妻山塊が見えるではないか。北から南までその距離160キロメートル以上ある。

 仙台空港の展望デッキがこんなに素晴らしい山岳展望の場所とは思いもよらなかった。私は登山自体は好きではないがいわゆる「山岳展望」は大好きである。「あの山は何々山、こちらの山塊は何々山の群れ」等と「山座同定(山の名前を確認すること)」するのが大好きで、車であちこちの峠道に行っては山岳展望を行うのは楽しい。但し日本中の山の位置と地理と名前を熟知していないと出来ない技である。些か自慢ではある

 私は国土地理院発行の二万五千分の一や五万分の一の地図を眺めるのが大好きである。一枚の地図を眺めると文庫本一冊を読んだほどの感慨や妄想が浮かんでくる。おかげで我が家の地域別の大型地図帳「マップル」は既にボロボロである。

 新幹線で東京に向かう時には様々な山岳展望が楽しめる。利根川の橋梁を渡る頃前方に奥多摩の山塊が見えてくるが、その中で御岳山(ミタケサン)神社のご神体の山である大岳山(オオダケサン)が潜水艦の司令塔のように見えてくると、これは東京が近いサインである。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »