« 2019年8月アイビー随筆 | トップページ | 89ersに立教生! »

2019年9月 1日 (日)

2019年9月アイビー随筆

アイビー随筆9月号

 アイビー随筆「荒天」

              37年理学部卒 大内 建二

 9月は昔から台風来襲の月とされていた。「210日」や「220日」は慣用語で、台風は必ずこの日の前後数日の間に来襲するとされており、事実私が子供の頃は不思議にその通りであった。しかしここ20~30年来様相が変化している。地球温暖化のためか台風発生のメカニズムに狂いが出てきたようである。

 昭和29年以降、日本の台風観測は米軍の管轄から日本に移管されたが、当時は海上保安庁の気象観測船が南方洋上に数隻配置され、気象の定点観測を行い台風の予想進路もその情報に従っていたのである。ただこの定点観測船の乗り組みは尋常ではなく、台風最接近の海域での観測は「死の危険」と常に向かい合う過酷な環境にあったという。

 私の竹馬の友の一人に海上自衛隊の護衛艦乗りの士官がいた(数年前他界した)。彼は海上自衛隊の南極観測支援艦の「ふじ」や「しらせ」で合計7回も南極に行っている。海上自衛隊の記録保持者である。

 彼の体験談が凄い。南極に近づく直前の南緯60度付近の海域は年中暴風圏にある海域なのである。ここを通過するのは船の乗組員にとって相当の覚悟、それも観測艦は砕氷構造という特殊な構造のために、船底の構造が一般の船と大きく違い、そのためにローリング(横揺れ)は尋常ではないそうである。

 彼は航海科士官であるために常に艦橋勤務であるが、この暴風圏を通過する凡そ三日の間、艦のローリングは常に三十度を超すそうで、彼の経験では最大47度まで傾いたという。感覚としてはまさに「8000トンの艦が横倒しになり沈没する」という感覚になるそうである。あらゆる手摺りに掴まり、それでも船を進めるための指示を出さなければならないのだ。休憩時にベッドでの安眠など、激しいローリングのために体が投げ飛ばされそうになり、出来るわけがないという。正に不眠不休の三日間であるという。

 「任務と責任感が恐怖に打ち勝つ」三日間で、このような状態の三日間は食事は全て「にぎりめし」と「携帯口糧の缶詰」だそうだ。厨房では調理など出来るわけがないのである。手すりや柱に掴まりながら無理やり握り飯や缶詰を胃に押し込む作業を強いられるのである。

 かつての大型の南氷洋捕鯨母船の乗組員たちも同じ経験をしていたはずであるが、船体の構造が違うためにここまで過酷な事態にはならなかったそうだ。

|

« 2019年8月アイビー随筆 | トップページ | 89ersに立教生! »

アイビー随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年8月アイビー随筆 | トップページ | 89ersに立教生! »